これぞ究極の「ナンパカー」!? ブロンドの美女も思わずなびくシャコタン「カプチーノ」 (1/2ページ)

これぞ究極の「ナンパカー」!? ブロンドの美女も思わずなびくシャコタン「カプチーノ」

この記事をまとめると

  • 一度は手放したカプチーノをふたたび入手しカスタマイズ
  • 目指したのは「フォックスハントカー」
  • メタルワークによる超絶クオリティが見モノ

通称「フォックスハントカー」その名の由来は?

 もともとスズキの軽自動車が好きで、歴代名車と言われるフロンテクーペや30ジムニー、初期型アルトワークスを乗り継いできたSさん。

 当時カプチーノも「ULW P-89(※編集部注:1989年東京モーターショーに出展されたカプチーノのコンセプトモデル名)」から目をつけていましたが、当時の価格でも150万円位したので手が出ませんでしたね」

 だがそこで諦めず、カプチーノが当たる雑誌の懸賞に手書きで100通ほど書きまくって投函。見事19万通の応募のなかから当選を果たす。

「そのころはお金もなくライトカスタム止まりでしたが、7〜8年乗り倒して、家族も増えたので降りました」

 その後、10数年の時は流れ「2年くらい前ですね、初代の際にもお世話になっていたクルマ屋さんから、カプチーノを処分したい人がいるよって。はじめは『もういいでしょー』と思いつつも、数日経つうち、どこかで『今逃したらもう乗る機会はないかも』とも思うようになりました」

 価格が安かったこともあり、1週間ほど悩んだ末に購入を決意するも「もう転売するためにオールペンに出しちゃったよ」と。すぐに止めにかかり、それまでの費用を負担することで購入へ。納車後は即、旧知の仲であるSOUL ART&RODのIさんに預けた。

「初めは全塗装のみの予定が、缶コーヒー片手に純正の嫌な箇所を挙げながら話すうち、Iさんが“全部わかってるって”とひと言。あとはボディ色からホイール、カスタムプランまで事後報告(笑)」

 担当したIさんも、「昔からのお友達だからできる悪ノリなんです」と、最終的には(フロントバンパーの一部を除く)フルメタルワークで欧州の旧車風の純正然としたクールな姿に仕上がったのだ。SOUL ART&ROD制作のカプチーノのフロント ちなみにフォックスハントカーとは、オーナーが働いていたカフェショップに来る乗りの米兵さんに、
「Sちゃんのクルマ? かっこいいね、フォックスハントカーだね」と言われたことが由来。意味を米兵さんの彼女に尋ねると、「“ブロンドをなびかせる毛並みのいい女性(フォックス)をハント(ナンパ)するクルマだね”って。向こうのスラングでかっこいいですよね」SOUL ART&ROD制作のカプチーノのリヤ

画像ギャラリー