強敵ポルシェをついに撃破! 何もかもが超弩級だった「プリンスR380」栄光の歴史 (1/2ページ)

強敵ポルシェをついに撃破! 何もかもが超弩級だった「プリンスR380」栄光の歴史

この記事をまとめると

  • 1966年の第3回日本グランプリでデビューした日産R380
  • ライバルのポルシェ906を相手に開発がなされてきた
  • マシンのヒストリーを振り返る

日産R380の“凄さ”を振り返る

 ル・マン24時間を始めとする世界耐久選手権(WEC)で活躍したトヨタのTS050  HYBRIDなど、国産のレーシングスポーツカーは世界の頂点に立つまでに、毎シーズンのようにレベルを引き上げてきました。その歴史的な第一歩は1966年の第3回日本グランプリでデビュー。最大のライバルとされてきたポルシェ906を相手に、ワークスチームの強みをかざして優勝したプリンスR380でした。今回は、このR380が誕生するまでの経緯や、その後の発展を振り返りながら、R380の“すごさ”を分析してみることにしましょう。

完敗で始まった栄光の歴史

 まずはプリンスR380が誕生するに至った前史から紹介していきましょう。旧立川飛行機の流れをくむプリンス自動車工業は、1963年に鈴鹿サーキットで開催された第1回日本グランプリでは日本自動車工業会(自工会)が打ち出していた『メーカーは直接タッチしない方が望ましい』との事前の申し合わせを素直に(馬鹿正直に?)受け止めて静観し、結果的にトヨタや日産に惨敗することになりました。

 その悔しさから翌1964年に行われた第2回日本グランプリでは、グロリアとスカイラインをツーリングカーレースにエントリーさせ、1601~2000ccのT-VIレースはグロリアが1-2フィニッシュ、1301~1600ccのT-Vレースはスカイライン1500がトップ8を独占していました。

【関連記事】「ルマン24時間レース」に挑戦し続けたマツダ23年の歴史を凝縮! ファン必携の書籍が発売

日本グランプリ画像はこちら

 しかし、1001~2000ccのグランドツーリングカーで争われるGT-IIレースでも勝利を奪おうと企画されたのがスカイラインGT。1.5Lの直4エンジンを搭載するスカイライン1500のノーズ(とホイールベース)を200mm延長し、グロリアに搭載されている2Lの直6エンジンに乗せ換えたクルマは、プライベートエントリーのポルシェ・カレラGTS、通称“904”に完敗してしまいました。

 同じGTカーとは言うものの、スカイラインGTがツーリングカー(を少しだけ発展させたモデル)であったのに対して“904”は事実上のレーシングカー(もう少し正確に表現するならばロードゴーイングのスポーツカー)でしたから、これはもう戦う前から勝敗の決まったレースということもできるでしょう。ところが、プリンスの技術者たちは負けた悔しさから一念発起、“904”に打ち勝てるマシンを作ろう、とR380のプロジェクトがスタートしました。

ブラバムをベースにしたシャーシに珠玉のエンジンを搭載

 1964年の5月に、プリンス自動車工業の乗用車部車両設計一課で課長代理を務めていた……というよりも“スカイラインの父”として知られる桜井眞一郎さんをチーフとする開発チームが立ち上がり、プロジェクトがスタートしました。プリンス自動車工業に、旧立川飛行機から継承された航空機の設計開発や製作のノウハウはありましたが、もちろんレーシングカーについては未経験の部分も多かったために、まずは海外からレーシングカーを購入し、それを研究することから始まりました。プリンスR380画像はこちら

 “お手本”に選ばれたのはブラバムBT8A。プリンスR380画像はこちら

 2座オープンのレーシングスポーツで、シャーシはチューブラーフレーム(鋼管スペースフレーム)の前後にパイプ製のダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用。フロントが上下にパイプ製のAアーム、リヤはアッパーがIアーム、ロアが逆Aアームで上下それぞれにラジアスアームで引っ張って位置決めをする、大多数のレーシングカーが採用していたサスペンション形式で、それを最初にロン・トーラナックが手掛けたこのデザインはブラバム式と呼ばれていました。プリンスR380画像はこちら

 製造された12台の多くはコベントリー・クライマックスの2L/2.5L直4エンジンとヒューランド製の4速ミッションを搭載。R380は、このシャーシを利用し、大出力のエンジンに備えてフレーム剛性をアップ、2ドアのクローズドクーペボディを架装していました。プリンスR380画像はこちら

 エンジンは2Lの直6で、グロリアやスカイラインGTに搭載していたOHCのG7をベースにした、純レーシングエンジンのGR8が開発されています。ツインカム16バルブのヘッドに換装したことに、多くスポットライトが当てられていますが、じつはボア×ストロークをG7の75mmφ×75mmから82mmφ×63mmのショートストロークに変更するなど、ほぼ新設計されて別もののレーシングエンジンに生まれ変わっています。そしてこのGR8エンジンから派生した市販ユニットが、“ハコスカ”GT-Rに搭載されたS20エンジンでした。プリンスR380画像はこちら

画像ギャラリー