個性的なモデルが多いのになぜ? 欧州SUVに「ガチ4WD」搭載車が少ない理由 (1/2ページ)

個性的なモデルが多いのになぜ? 欧州SUVに「ガチ4WD」搭載車が少ない理由

この記事をまとめると

  • 日本にはランクルやジムニーといった本格SUVがある
  • メーカーも多い欧州車には意外と少ない
  • 欧州での4WDは悪路走破性よりも高性能向けなものが多い

日本では軽自動車などでも4WD設定がある

 日本車では、SUVは当然として、軽自動車から乗用車にまでラインアップされている四輪駆動=4WD/AWD。スバルのように、ほぼAWDしか用意されていない自動車メーカーさえあるほどだ。

 一方、欧州車を見てみると、メルセデス・ベンツGクラス、ジープ、レンジローバーといった軍用車派生車種、砂漠のロールスロイスと呼ばれるような一部のオールラウンダーを除き、乗用車はもちろんSUVでも2WDのクルマが多いのも事実。

【関連記事】マツダのドル箱SUVに魅力たっぷりな特別仕様車が登場!「CX-3 Super Edgy」「CX-30 Black Tone Edition」とは

Gクラスのスタイリングイメージ画像はこちら

日本で買える輸入SUVではFFのみというモデルも多い

 例えばVWポロがベースのT-Cross、T-RocといったクロスオーバーSUVも、日本で売られているラインアップは現時点でFFのみ。フランス車に至っては、4WDはほぼ皆無の輸入車となっている。もちろん、日本に輸入されていなくても、本国で4WDを用意する車種もあるにはある。だが、あっても悪路走行のための4WDというより、VWの「R」シリーズなどの高性能車にあるように、4WDはランサーエボリューションから今に引き継がれている三菱のS-AWCを見ればわかるとおり、走行安定性やダイナミクスを高める目的で使われているケースが多いのである。

【関連記事】マツダのドル箱SUVに魅力たっぷりな特別仕様車が登場!「CX-3 Super Edgy」「CX-30 Black Tone Edition」とは

T-CROSSの外観画像はこちら

 とはいえ、今、欧州車にガチな4WDが少ないのには、ほかにも理由がある。まずは広大な欧州では一部の山岳地帯を除き平地が多く、そして雪を降らせる原因のひとつの山が少なく、積雪量が多くないことが挙げられる。とくにイギリスあたりはまわりの海が暖流で偏西風が暖かい。経度のわりには温暖で、雪が降りにくい環境なのである。

ドイツの高速道路画像はこちら

 そして雪質の違いもある。湿度が低い国が多く、雪質がサラリとしていて、2WDでもここ最近はほとんどのクルマに装備されているトラクションコントロールなどで事が済むのである。

 次に価格である。4WDになると2WDに対して価格が上昇するのは当然で、クルマが特別な存在ではない自動車先進国ではあくまで実用品であり、めったに威力を発揮しない4WDの価格アップを容認しないということだ。

画像ギャラリー