アルファードのおすすめカスタムパーツとは?価格やカスタム例をご紹介 (2/2ページ)

目次

アルファードにおすすめのカスタムグッズ

フロントグリル

モデリスタ フロントグリルカバー

https://www.modellista.co.jp/product/alphard/

 純正のボンネットフードモールと呼応するようなメッキカバー。純正エンブレムをかわす作りなのでプリクラッシュ機能にも影響なし。ノーマルボディ用とエアロボディ用があり、後者はスモークメッキ仕様も用意されている。

【関連記事】クルマいじりに眉をひそめる一般人も目から鱗! 助手席女子にも歓迎される「チューニング」5つ

アルファードのカスタム例画像はこちら

ヴァルド エグゼクティブライン フロントグリル

http://www.wald.co.jp/parts_acce/carrange/toyota/alphard/

 中央からシャープに広がるようなインナーメッシュを採用。外枠はアルファードのまま、レクサスのミニバンを思わせるルックスにイメチェンできる。本体はフィッティング性能の高いABS製で、メッキガーニッシュも付属している。アルファードのカスタム例画像はこちら

エアロパーツ

エムズスピード グレースライン

https://www.mzspeed.co.jp/products/body-kit/toyota/alphard

 純正バンパーに被せるハーフエアロタイプ。シンプルながらしっかり存在感のある意匠が特徴
だ。フロントグリルやデイライトキット、ドアミラーカバー、エキゾーストシステムといった
オプションパーツも多数あり。アルファードのカスタム例画像はこちら

シルクブレイズ ミニバンフロントリップ

http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/aero/minivan_lip/alphard_30_kou/index.html

 フィット感に優れたフロントリップとコンパクトなリヤアンダースポイラーがメイン。この2点でシンプルにキメるもよし、純正グリルの上に被せるフロントバンパーカバーやLEDフォグランプカバーでさらにアレンジするもよし。アルファードのカスタム例画像はこちら

クールジャパン クルーズ・バイ・クールレーシング

https://kuhl-japan.com/aeroparts/kruise-30alphard

 クルーズはクールの新ブランド。10ミリ厚の薄型フラップを巧みに使い、純正のフォルムを生かした大人のスタイリングを提案する。素材はFRPに加えて高品質なリアルカーボンverも設定。薄型ゆえ主張は控えめだが、それがまた心憎い。アルファードのカスタム例画像はこちら

ホイール

レイズ ベルサス クラフトコレクション ヴォウジェ

https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=VOUGE_NC

アルファードのカスタム例
画像はこちら ※写真は兄弟車ヴェルファイアへの装着例

 V字ツインとシングルスポークを交互に配し、平面と曲面を複雑に組み合わせて作られたヴォウジェ。ベルサスを代表するこの人気作に、ダークブルークロームコーティングという特別色が登場。光の加減によって艷やかな鏡面に青が透けて見える。サイズは18~20インチ。

ウェッズ F ZERO FZ-4

https://www.weds.co.jp/fzero/fz4

 ウェッズが誇る削り出し鍛造ブランドがエフゼロ。その最新作となるFZ-4は、シャープな15本フィンモデル。細く絞り込まれたスポークの根本にはスリットホールが刻まれるなど、削り出し鍛造らしい造形美を味わえる。それでいて価格は控えめ。サイズは18~21インチ。アルファードのカスタム例画像はこちら

マルカサービス RMP 820F

https://www.marukaservice.com/rmp/wheel_820f.html

 1ピースながらリムありデザインを採用した2×8クロススポークモデル。スポークサイドの角度も工夫することで立体的に見せている。カラーは3色あるが、セミグロスブラック系の2色に注目。フランジ部が1周切削&着色されており、停止時・走行中問わず目立つ。サイズは18~20インチ。アルファードのカスタム例画像はこちら

サスペンション

ブリッツ ダンパーZZ-R

https://www.blitz.co.jp/products/suspension/damper_zz-r.html

 数ある全長調整式車高調のなかでも、初心者から上級者まで多くの支持を集めるブリッツのダンパーZZ-R。32段階の減衰力調整機能、φ44大径ピストンを採用した単筒式構造、アルミ製アッパー・ロックシートなどスペックは十分以上だ。乗り心地はしなやかで街乗り向き。アルファードのカスタム例画像はこちら

ACC オン・ザ・グラウンド

https://www.accincjp.com/ja-jp/30alphard-vellfire/

 オン・ザ・グラウンドはACCエアサスのなかでも一番落ちる全長調整式シリーズ。エアバッグはファイヤストン製、ショックはKYB製という安心品質も特徴で、車高センサーやキャンバー付きアッパーマウントなどOPも多数あり。システムはフロア下にスッキリ収納OK。アルファードのカスタム例画像はこちら

マフラー

ガナドール PASION EVOマフラー

https://www.ganador.co.jp/carmodel/toyota/alphard/index.html

 パワーアップだけでなく、燃費向上まで約束してくれるスポーツマフラー。テールエンドは右側ダブルと左右ダブルの2タイプがあり、いずれも形状はオーバル型だ。カラーはステンポリッシュとチタンブルーをラインアップする。もちろん車検対応なので安心して選べる。 アルファードのカスタム例画像はこちら

シートカバー

クールジャパン オリジナルシートカバーTR-01

https://kuhl-japan.com/906/

 ダイヤとハニカムを組み合わせたようなオリジナリティ溢れるステッチパターン。スポーティでありながら高級輸入車のような雰囲気も醸し出す。ベースカラーは黒で、アクセントカラーは赤・青・黒の3タイプ。色の選択肢を増やせるカスタムオプションも用意している。アルファードのカスタム例画像はこちら

テールランプ

ヴァレンティ ジュエルLEDテールランプREVO

https://valentijapan.com/product/tailrlamp/jewel-led-tail-revo-30alp-seq/

 スモールONでライトバーが点灯、ブレーキONでその間のLEDが発光。ウインカーはもちろんシーケンシャル仕様で、ここを赤点灯できるウインカーポジションモードも搭載する。30アルファード後期用だが、30前期にも同社の後期化キットを併用すれば装着可能だ。

アルファードのカスタム例画像はこちら

まとめ

 今回紹介したカスタム例やパーツはほんの一部。冒頭で前述した通り、あらゆる部分をカスタマイズできるのが30アルファードの魅力だ。貼りモノ系などDIYで付けられるお手軽アイテムも多く販売されているので、初心者はそこからスタートするのもアリ。ただしサスペンションなどの機能パーツは、たとえ腕に自信があってもプロに装着してもらうのがマスト。安全に保安基準も守りながら、アルファードのドレスアップを楽しんでもらいたい。

画像ギャラリー