売れ筋SUVヴェゼルに「Modulo X」登場!「うま味」がぎっしり詰まったワークスチューン 作り手のこだわりとは (1/2ページ)

売れ筋SUVヴェゼルに「Modulo X」登場!「うま味」がぎっしり詰まったワークスチューン 作り手のこだわりとは

この記事をまとめると

  • ヴェゼルModulo Xプロトタイプが東京オートサロン2022で初披露
  • こだわりの「三位一体の開発体制」で動力性能を追求
  • 新たな空力デバイスを実装! その効果やいかに?

東京オートサロン2022でヴェゼルModulo Xコンセプトが初披露

 東京オートサロン2022で初公開された「ヴェゼルModulo Xコンセプト」は、モデューロXの最新作。コンセプトと冠されているが、間もなく発売されるのは公然の秘密である。今回、パッと見では解らないModulo Xの走りへの徹底したこだわりを紹介しよう。

【関連記事】まずはニュルのタイム400秒が目標! STIが提案する次世代EVスポーツカー「STI E-RA CONCEPT 」がカッコいい【東京オートサロン2022】

コンプリートカーシリーズ「Modulo X」その使命とは

 ホンダアクセスのコンプリートカーシリーズ「Modulo X」の役目は何か? それは「ホンダ車の魅力を更に高めること」「クルマ好きにとっての理想のノーマル」だが、じつはすべてのモデルに一貫したコンセプトが存在する。それは何か?

【関連記事】まずはニュルのタイム400秒が目標! STIが提案する次世代EVスポーツカー「STI E-RA CONCEPT 」がカッコいい【東京オートサロン2022】

ヴェゼルモデューロX画像はこちら

・運転に自信がある人だけでなくビギナーでも楽しめる走りであること
・テストコースやサーキットを基本にせず、あくまでも一般道を重視していること
・スポーツカーだけでなく軽自動車やミニバンであっても同じ考えであること

 ちなみにModulo Xの乗り味の原点はドライビングの重要性、クルマと人の関係を強く意識し、それを具体化させた初代NSXであり、その乗り味は今も色濃く継承されている。この辺りは良くも悪くも過去を振り向かない(!?)ホンダとは大きな違いと言えるだろう。

 それらをどのように実現させるのか? 4輪の接地性とストローク感、しなやかなで質感のある乗り味を備えた「サスペンションチューニング」、車両との剛性バランスまで考えた「アルミホイール」、そして実効空力理論に基づき、風洞実験と実走テストで煮詰められた「エアロパーツ」など、量産の域を超えてひと手間かけたこだわりのアイテムたちだ。ヴェゼルモデューロX画像はこちら

 その秘密は飛び道具のような画期的な物ではなくそのセットアップの考え方と手法にある。要するにホンダにとってホンダアクセスは“調味料”のような存在だが、シェフの最後の塩コショウの振り方次第で“旨み”や“味”はガラッと変わる……ということだ。

画像ギャラリー