全部1万円以下! 貧乏チューンでも効果絶大な「貼るだけ」カスタム6つ (1/2ページ)

全部1万円以下! 貧乏チューンでも効果絶大な「貼るだけ」カスタム6つ

この記事をまとめると

  • 貼るだけで簡単にできるドレスアップ
  • DIYで施行できるので工賃はかからず
  • 1万円以下でできる手軽さが魅力的だ

DIYできる“貼るだけカスタム”なら工賃いらず!

 外装/内装パーツも足まわりパーツも取り付け工程があり、場合によってはショップにオーダーすることで工賃が発生する。さらに車両側の加工が必要になるケースもある。これを避けたいユーザーに絶好なのがチョイ足し感覚でDIYできる“貼るだけカスタム”だ。取り付けの簡単さに加え、小さなアイテムであれば1万円を切る価格で手に入るパーツも多いので、ちょっとしたお小遣いでカスタムがスタートできるのも魅力だろう。

貼るだけカスタムの施工

“貼るだけカスタム”に使えるパーツ群は、その名の通り両面テープで貼り付けるだけで愛車のイメージをグレードアップしてくれるアイテムで、探せばかなりの数のパーツが用意されているのでまとめて紹介してみることにした。

1万円以下のお手軽カスタム01:
「バンパープロテクター&カナード」

 外装カスタムにおける“貼るだけカスタム”のアイテムとして注目なのが、カナード(バンパープロテクター含む)だ。バンパー下部やサイド面などに取り付ける整流効果を持った(またはイメージさせる)パーツ。小振りなパーツであればバンパーの両サイド下部、さらにはヘッドライト下部のバンパーコーナー面などに両面テープで貼り付けられるアイテムが存在する。カナード

 フロントセクションのイメージを変えられるドレスアップ効果に加えて、バンパーのコーナー部分に取り付けられるパーツはバンパープロテクターなどと呼ばれる。障害物へのバンパーのヒット時にバンパーがキズ付くのを防ぐ、プロテクターの効果も発揮する実用アイテムでもある。バンパープロテクター

 ソフトな素材で両面テープを使った取り付けが可能なパーツであれば装着も簡単。リップスポイラーのように取り付け的にもサイズ的にも大げさにならず、手軽に導入できるのが魅力だろう。

1万円以下のお手軽カスタム02:
「アイライン」

 さらに、フロントセクションの“貼るだけカスタム”でもうひとつの注目アイテムがアイラインだろう。ヘッドライトを部分的に覆うことで、ヘッドライト形状をシャープ&個性的にカスタムするアイテムだ。ヘッドライトのレンズ面に貼り付けるだけの取り付け方法なので導入は簡単。CX-5のアイライン

 しかもフェイスのイメチェン効果はかなり大きい。ただし注意が必要で、ヘッドライトの光量を妨げる大きさや、貼る位置によっては車検不適合になる場合もあるので注意したい。

チューニングやドレスアップはお金がかかるのが当たり前だが、工夫次第ではお金をほとんどかけずにスタイルアップできる。どれもDIYでお手軽に施工できるから工賃いらず。そんな1万円以下でカスタマイズできるクルマに貼るだけの簡単カスタム手法6つを紹介する。