ロールス・ロイスの「彼女」がスリムに一新! 開発中のEV「スペクター」から順次搭載予定 (1/2ページ)

ロールス・ロイスの「彼女」がスリムに一新! 開発中のEV「スペクター」から順次搭載予定

この記事をまとめると

  • ロールス・ロイスを象徴する女性型のフィギュア「スピリット・オブ・エクスタシー」
  • 111年にわたり少しずつ形を変えてきた
  • 開発中のEVに合わせ、空力的な新たな姿を与えられた

実在の女性をモデルに生まれ今年で111歳

 この「スピリット・オブ・エクスタシー」が生まれたのは20世紀初頭。イギリスの貴族であり自動車雑誌「The Car Illustrated」の編集も手がけていたジョン・ダグラス・スコット・モンタギューが、自分の1909年式ロールス・ロイス・シルバーゴースト用のマスコットを作ろうと、友人の彫刻家チャールズ・ロビンソン・サイクスに依頼したのがきっかけだ。モデルになったのは、モンタギューの秘書であるとともに秘密の恋人でもあったエレノア・ソーントンで、この彫刻作品は「ウィスパー」と名づけられた。

モデルとなった女性、エレノア・ソーントン

 ちょうど1910年頃は、モンタギュー氏のようにロールス・ロイスのオーナーがそれぞれ好みのマスコットを付けるのが流行しており、それを懸念したロールス・ロイス社は前出の彫刻家サイクス氏に、同社のブランドを象徴するマスコットの制作を依頼。サイクスは試行錯誤の末、結局、お気に入りの作品だった「ウィスパー」のイメージを元にした「スピリット・オブ・エクスタシー(恍惚の精神)」を製作したのだった。

 こうしてスピリット・オブ・エクスタシーは1911年2月6日にロールス・ロイスにの知的財産となり、ちょうどつい先日に111歳の誕生日を迎えている。

彫刻家チャールズ・ロビンソン・サイクスが作った「ウィスパー」

「翼」と誤解されているのは風に舞う「ローブ」

 100年以上にわたる歴史のなかで、スピリット・オブ・エクスタシーは基本的に、両足を揃えて膝をまっすぐ伸ばし、上半身を前方に傾けたスタイルだった。なお、しばしば「翼」と間違われる部分は、風で後ろに舞う「ローブ」だ。

伝統的なスピリット・オブ・エクスタシーの姿

 サイズや素材、形状はさまざまな変更を経てきて、一時は膝をついた姿のこともあった。最初期には高さ17.5cmもあったスピリット・オブ・エクスタシーだが、今回の最新バージョンでは先代の100.01mmよりもコンパクトになり、全高わずか82.73mm。初代の半分以下になっている。

膝をついた姿勢のバリエーションも

ロールス・ロイスが現在開発中のEV「スペクター」は空力性能を徹底的に追求し、初期プロトタイプでCd値わずか0.26。それにともない、ロールス・ロイス車のボンネットで輝くフィギュア「スピリット・オブ・エクスタシー」も生まれ変わることとなった。