シャコアゲ派御用達のボコボコタイヤ! 見た目も走りも両立したスゴイやつだった (1/2ページ)

シャコアゲ派御用達のボコボコタイヤ! 見た目も走りも両立したスゴイやつだった

この記事をまとめると

  • SUVカスタムでいま脚光を浴びるブロックタイヤ
  • ドレスアップシーンでも人気のマッドテレーン
  • 空気圧を下げてトラクションを上げる裏技もある

いまヨンクカスタム界で脚光を浴びている!

 カスタムのファーストメニューといえばタイヤ&ホイールの交換。これは4WD&SUVに限ったことではなく、ミニバンやスポーツカーも共通。ただし4WD&SUVの場合、ホイールはともかく、アフターではさまざまな指向のタイヤが豊富に用意されている。例えば「H/T(ハイウェイテレーン)」はオンロードのスポーツ性能や快適性能を重視した設計、「A/T(オールテレーン)」はオンロードの快適性とオフロードでのトラクション性能、オールラウンドなパフォーマンスを追求したタイヤ、といった具合だ。デリカD5のオールテレーンタイヤ

 なかには扁平率の低いタイヤやホワイトレター(サイドウォールの文字が白い)など選べるタイヤもあり、自分の求める走りに加え、ファッション性でも選ぶことができる。つまり4WD&SUVの場合、タイヤはドレスアップアイテムにもなりうるのだ。ホワイトレタータイヤ

 そしてドレスアップといえば、近年注目を集めているのが「M/T(マッドテレーン)」と呼ばれるタイヤだ。何よりの特徴は、その荒々しいルックス。トレッド面には大きなキャラメルのようなブロックが厳然と並び、さらにショルダーからサイドウォールにかけても、ゴツいブロックが配される。それはまさしく、リアル・オフロードタイヤと呼ぶにふさわしいもの。履くだけで愛車をアグレッシブに演出し、“四駆らしさ”をアピール。そのため、ドレスアップタイヤとして選ぶユーザーも増えているのだ。

モノコックボディのSUVは乗り味のネガディブ要素が顕著に

 もちろん、そのゴツゴツした見た目からも想像できるとおり、乗り心地はH/TやA/Tに比べると、あまりヨロシクない。ウィズフレーム式の本格4WDならフレームやボディマウントがガタガタ感を吸収してくれるからまだいいのだが、モノコックボディ+4輪独立式サスペンションを採用する“SUV”だと、地面からの震動をダイレクトに伝えてしまう。ジムニーのオフロード走行

 またタイヤノイズの大きさも、初めて乗った人は驚くことだろう。それでもドレスアップのため、自己アピールのためなら、そんなM/Tタイヤのデメリットもガマンしてしまうのだろうが……。

画像ギャラリー