「風でふらつく」「乗り降りしんどい」「トンネルに入れない」! SUVの大人気カスタム「シャコアゲ」の悲しい現実 (1/2ページ)

「風でふらつく」「乗り降りしんどい」「トンネルに入れない」! SUVの大人気カスタム「シャコアゲ」の悲しい現実

アウトドア人気で脚光を浴びる「シャコアゲ」カスタムのデメリットとは

 まだまだ収束する気配がないアウトドアのブーム。その流れはクルマのカスタムにも波及しており、ローダウンと対極の『シャコアゲ』が大人気だ。以前はクロカン系ヨンクの専売特許のような手法だったが、軽トラックや軽バンでも多く見かけるようになった。クルマ止めや段差に神経質にならざるを得ないローダウンと違い、街乗りでのデメリットは皆無のように感じるかもしれないが、じつはシャコアゲならではのマイナス要素も少なくない。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

カスタムしたジムニー画像はこちら

 カスタムしてから「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、見た目や走破性の高さとトレードオフされる要素を知っておこう。

リフトアップしたら強風では車体が煽られることも……

 まずは車高が上がるほど風の影響を受けやすくなる点だ。とくにジムニーのような軽量級はわずかなリフトアップでも、横風に煽られてステアリングの細かい修正が必要だったり、フロアが押し上げられタイヤの接地感が著しく低くなるのだ。高速道路では法定速度で走るのすら危ない場合があり、ドライバーの疲労度も無風のときとは比較にならない。足まわりのチューニングやアライメント調整で多少は改善するものの、風に対しての脆弱性はシャコアゲの定めと覚悟しておくべし。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

横風注意の標識画像はこちら

フロアが高くなるので乗降性の悪化は避けられない

 次は乗り降りのしにくさだ。2インチ(約5cm)上げただけでも最初は違和感があり、小柄な人や荷物を抱えて乗り込むときはさらに大変。オーナー自身はともかく家族から不満が出るようであれば、車高の上げ幅を減らすか、乗降用のステップを使う方がいいだろう。JAOS150系ランドクルーザー・プラド画像はこちら

 そして運転席の位置が上がることで視界も変化する。ノーマル車高より遠くが見渡せるのは大きなメリットである反面、足もとが見えにくく巻き込みの危険性が高まることも忘れずに。今まで以上に目視による確認を実行しつつ、ミラーの角度を変更するなどして対応したい。