自動車メーカー渾身のカスタムカーが百花繚乱! ダイハツは歴代ハイゼットがズラリ! 3号館の展示車イッキ見せ!!【大阪オートメッセ2022速報】

自動車メーカー渾身のカスタムカーが百花繚乱! ダイハツは歴代ハイゼットがズラリ! 3号館の展示車イッキ見せ!!【大阪オートメッセ2022速報】

話題の新型Zや新型ステップワゴンも登場!

 2年ぶりの開催となった大阪オートメッセ2022が、2月11日(金・祝)からインテックス大阪で開幕した。初日から出展されたカスタム車両をチェックをするため、午前9時の開場から多くの人たちが来場。思いおもいにそれぞれ目的のブースへと足を運んでいた。

【関連記事】AMG「G63」がピックアップに! 10台限定のブラバス「P900ロケット エディション」のヤバすぎるカスタムとは

新型フェアレディZ画像はこちら

 日産と三菱、ホンダやダイハツなどが集まった3号館では、各メーカー渾身のカスタム車両をお披露目。日産ブースでは話題の新型フェアレディZや2022年モデルのGT-Rニスモ・スペシャルエディションなどのほか、NV350キャラバンをベースにした「CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT」も展示。「トレイルランナーがベース基地として使える!」をコンセプトに、ワーケーションにも使えそうな内外装のカスタムが施されていた。CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT画像はこちら

 また、日産と日産プリンス兵庫に加えてNV350キャラバン専門ショップの「ボディライン」3社の合同ブースでは、車中泊やアクティビティに使えるトランスポーター仕様などの趣味に特化したカスタマイズ車両も展示された。

 また、西日本三菱自動車販売のブースでは、東京オートサロン2022で復活した次世代のラリーアートブランドのイメージを担う「ヴィジョンラリーアートコンセプト」や、新型アウトランダーPHEVのコンセプトカーも出展。ホンダも新型ヴェゼルe:HEVをベースにしたモデューロXコンセプトカーのほか、クルマ好きのコアなファンに向けたN-ONEベースの「K-CLIMB」など、電動化とスポーツというホンダらしさを活かしたブース展示となっていた。ヴィジョンラリーアートコンセプト画像はこちら

 そして、なんといっても圧巻だったのが歴代ハイゼットをすべて網羅して展示したダイハツブースだ。最新のアトレーデッキバンは、ポップなオレンジ×ブラックのボディ色だけでもインパクト十分なのに、ルーフトップにはテントを設営するなど、また新たな軽カーカスタムのスタイルを提案していた。3号館に展示されていた魅力的な出展車は、画像ギャラリーでチェックしてほしい!アトレーデッキバン キャンパーver.のリヤスタイル画像はこちら