クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • EVでもスバル&STIらしさを!「ソルテラ」&「STI E-RAコンセプト」が大阪に上陸【大阪オートメッセ2022】
CUSTOM
share:

EVでもスバル&STIらしさを!「ソルテラ」&「STI E-RAコンセプト」が大阪に上陸【大阪オートメッセ2022】

投稿日:

TEXT: 雪岡直樹 PHOTO: 雪岡直樹

  • ソルテラSTI仕様のフロントスタイリング
  • フロントリップスポイラー
  • ソルテラのホイール
  • リヤスポイラー
  • STI E-RAコンセプトのフロントスタイリング
  • E−RAコンセプトのリヤビュー
  • ソルテラSTI仕様のフロントスタイリング

スバルもついにBEVに本格参入!

 水平対向エンジンとシンメトリカルAWDで根強いファンを集めるスバル。もちろん水平対向エンジンとシンメトリカルAWDは素晴らしい技術で、一度乗ると虜になる魅力を持っているのは事実だ。

 しかし時代はカーボンニュートラル、脱炭素へ向かっており、ハイブリッドやEVなどの技術も挑戦していかないといけないのは周知の事実。

注目の「ソルテラ」はSTI仕様のコンセプトが登場

 そこでスバルはアライアンスを組むトヨタと提携し、BEVのソルテラを開発。2022年央発売として準備を進めている真っ最中だ。そんなソルテラにSTIのノウハウを注いだのが、ソルテラSTI パフォーマンスコンセプトだ。

 基本的にはベースのエクステリアデザインはそのままに、フロント・サイド・リヤサイドの下まわりにスポイラーを装着。空気の流れを良くし、クルマの安定性を高める効果がありそうなエアロを装着する。

フロントリップスポイラー

 ルーフには、もともと角のような出っぱったリヤスポイラーとボルテックスジェネレーターが装着されている。STIパフォーマンスコンセプトでは、その角の部分を15cm程度延長。左右2分割だったものを中央の羽で繋ぎ、迫力あるスポイラーに進化させている。この辺りは空気の力を利用してダウンフォースを得る、STIのエアロらしいスタイルも感じられる。

リヤスポイラー

 ホイールはノーマルをグロスブラックで塗装し、1カ所だけチェリーレッドで塗装するワンポイントが効いている。そのホイールハウスの前側には、BRZやWRX S4などで採用されている、空力テクスチャーの紋様が描かれたシール状の物が貼られている。これによってホイール前に発生する空気の渦の流れをコントロールしているものと思われる。

ソルテラのホイール

 ただ、現在すべてがスタディモデルとしてのコンセプトとのことで、このまま市販化されるかは未定だそうだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS