控えめな1インチUPとビジュアルの3インチUPはどちらが好み? 名門プロショップが手掛けた正統派ジムニーの中身【大阪オートメッセ2022】

控えめな1インチUPとビジュアルの3インチUPはどちらが好み? 名門プロショップが手掛けた正統派ジムニーの中身【大阪オートメッセ2022】

オフロード&オンロードの乗り心地を料理揺する2台

 2月11日~13日にインテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2022。新車の生産が追いつかないほど人気のジムニー&ジムニーシエラを、京都のプロショップ「ハイブリッジファースト」がカスタムし会場へ展示した。

1インチのリフトアップをしたJB64ジムニー

 それぞれのスペックや装着しているオリジナルパーツを紹介しよう。まずJB64は控えめな1インチのリフトアップだ。とはいえスプリングだけで上げるのではなく、減衰力調整式ダンパーに調整式ラテラルロッド、リーディングアームとトレーリングアームを使い、悪路走破性と一般道での乗り心地を両立する。

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」との出会ってすべてがはじまった! 「TMワークス」はゼロヨンとともに今も成長中

ハイブリッジファーストのジムニー画像はこちら

 同社のアーム類はすべて車検対応でブッシュも圧入済み、さらに2年または3万kmの曲がり保証まで付く。わずか1インチのアップでもアライメントにはズレが生じ、直進安定性やハンドリングが悪化してしまう。そのため車高の上げ幅にかかわらず、補正パーツが必要という考えなのだ。ハイブリッジファーストのジムニー画像はこちら

 外装は「タイプS-NP」と名付けられたセット。フロントバンパーとリヤバンパーに加えて、スキッドプレートは3種類からチョイスでき、乗り手の個性をアピールしやすい点も魅力だろう。また純正のクリップピンと両面テープで装着できる、FRP製の「9mmフェンダー」もアクセントになっている。ハイブリッジファーストのジムニー画像はこちら

 純正とほぼ同形状ながら後端のダクトから熱気を抜く「エアベンチレーションボンネット」や、純正オプションのようなさり気ないデザインが魅力の『リヤルーフスポイラー』にも注目だ。ハイブリッジファーストのジムニー画像はこちら

 エンジン系では吸気効率を高めるパワーチャンバー、ドレスアップにも最適なパイピングセット、テストで18ps&2.3kgmアップを実証したミニコンのフルセット、車検対応で見た目も美しいジェントルマフラーなど。ハイブリッジファーストのジムニー画像はこちら

3インチアップのJB74ジムニーシエラ

 JB74もオリジナルパーツでチューニングしているのは変わらないが、最大の違いは足まわりでJB64が1インチなのに対し3インチアップとなっている。コチラも当然ながらダンパーやアームを含むフルキットで、快適な乗り心地ながら安定性も重視した「スポーツコイルセット」を採用。ハイブリッジファーストのジムニーシエラ画像はこちら

 もうひとつの「コンフォートコイルセット」はよりソフトな味付けで、ドライバーの好みやメインとなる走りのステージに合わせて選択したい。制御系はJB64がサブコンでJB74がメインECUの書き換え。燃調や点火時期だけじゃなく電子スロットルも味付けし、特有のもっさりしたフィーリングを消すことに成功した。ハイブリッジファーストのジムニーシエラ画像はこちら

 使用するガソリンはレギュラーかハイオクか、エアクリーナーが純正タイプか剥き出しタイプか、車両の仕様に合わせて細かくセッティングされている。過激なチューニングでも派手なルックスでもないが、魅力を引き出すツボを押さえたカスタムの数々が光る。本気のオフローダーから街乗り派まで、参考になる2台であること間違いナシだ!ハイブリッジファーストのジムニーシエラ画像はこちら