クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「シャコタン」か「シャコアゲ」か? GR8が相反するふたつのカスタムスタイルをハイエースで提案【大阪オートメッセ2022】
CUSTOM
share:

「シャコタン」か「シャコアゲ」か? GR8が相反するふたつのカスタムスタイルをハイエースで提案【大阪オートメッセ2022】

投稿日:

TEXT: 賀川 真弥  PHOTO: 賀川真弥

  • GR8 HIACE NARROW BODY KIT
  • GR8 HIACE NARROW BODY KITのリヤスタイル
  • GR8 OUTDOORのサブバッテリーシステム
  • GR8 OUTDOORのインテリア
  • GR8のハイエース
  • GR8のハイエース

手ごろにクルマ遊びが楽しめる「GR8」の最新アイテム!!

 2月11日から3日間にわたり、インテックス大阪で開催している「大阪オートメッセ2022」。連日会場内に出展している魅力的な車両を紹介しているが、今回はストリートに適したユーロ&スポーティなフォルムのエアロパーツだけでなく、新車/中古車のコンプリートカー販売も行うGR8のハイエースをピックアップした。 

あと少し欲しかった低さとスポーティ路線を究極のシンプルデザインで表現

 大阪オートメッセでは標準ボディとワイドボディの2台のハイエースの最新作アイテムを披露したGR8。まず紹介するのがこの標準ボディ用のキットだ。特徴は純正フロントバンパーの下部に絞り込みがデザインされているため、少し車高が高く見えてしまうウィークポイントをシンプルなエアロで包み込み、あと少し下げたい、と誰もが思っていた絶妙な低さを演出してくれる。装着しているのはver.3で、ほかにも純正リップの凹みを利用したさり気ないダクトデザインを採用するver.4もラインアップしている。 GR8 HIACE NARROW BODY KIT

 サイドも純正のままでは腰高に見えるのと、ジャッキアップポイントも視認できてしまうのでそれを隠すサイドステップ(ver.4)を製作。同時に装着することで前後のシンプルさにメリハリのあるスタイルを構築する。 リヤにはフロント&サイドとは異なり、両端に付けるアンダーライナータイプを採用。サイドからの流れを自然に受けるカタチで高低差をなくす役割も担っている。 GR8 HIACE NARROW BODY KITのリヤスタイル

 ハイエースでオーバーフェンダーと聞くと、ワイドでイカツいイメージだが、この標準ボディのハイエースに装着しているオバフェンの出幅は約5mm程度と薄めに設定。そのため車検などを心配する必要もなく、安心して選ぶことができる。また、純正のプレスラインやGR8のエアロとの繋がりも違和感がないため、一体感のあるオシャレでスポーティな路線を演出できるのはうれしい。ワークXTRAP 03HC

 足元には、オールドスクール的な味わいが魅力のワンピースホイール「ワークXTRAP 03HC」を履き、ブラックカットクリアのカラーリングがリムの深さを視覚的に強調する。ほかにもクラシカルなゴールドカラーもラインアップしているので、インパクトを求めたい人はぜひゴールドを選択してみてはどうだろうか?

■GR8 HIACE NARROW BODY KIT
〇フロントハーフスポイラー ver.3 [Ⅳ型~標準専用] /3万3000円
〇フロントハーフスポイラー ver.4 [Ⅳ型~標準専用] /3万3000円
〇サイドステップ ver.4 [Ⅰ型~標準専用] /3万8500円
〇リヤアンダーライナー [Ⅰ型~標準専用] /2万円
〇ユーロボンネットカーボン製/7万2380円
〇オーバーフェンダー/価格未定
〇ホイール/WORK XTRAP 03HC 18×9.0J +25
〇タイヤ/インペリアル 225/45R18

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS