スライドドアの背高ならOKだろ……は安易すぎる! 足腰の弱った高齢者に不向きな中古ミニバン6選 (1/2ページ)

スライドドアの背高ならOKだろ……は安易すぎる! 足腰の弱った高齢者に不向きな中古ミニバン6選

ミニバンであれば乗り降りがしやすいというわけではない

 国産ミニバンと言えば、そのほとんどが両側スライドドアを備え、後席の乗り降りのしやすさが自慢だ。しかし、高齢者、それも足腰が弱った、乗降時に介助が必要な高齢者を乗せ下ろしするとなれば、すべてのミニバンが「合格」というわけではない。ここでは、国産ミニバンで足腰が弱った高齢者を後席に乗せる前提には、少々辛い中古ミニバンを紹介したい。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

ミニバンの乗り降り画像はこちら

 ポイントは、ステップにある。低くて段差のない、いわゆる掃き出しフロアなら合格だが、そうではない、ステップのあるミニバンだと階段を1段上り下りする乗降性となり、当然、フロア地上高は高くなるという理屈である。そして、足腰が弱った高齢者を介助する側にとっても、できれば避けたいミニバンということになるかもしれない。

トヨタ・エスティマ

 例えば、今はなき、しかし今でも根強い人気を誇る「天才たまご」の進化形であるトヨタ・エスティマだ。その最終型と言える3代目のスライドドア部分のステップは、1段目の380mmはかなり低いほうだが、フロアはそこから55mm高い435mmの高さにある2ステップフロアになる。健常な子どもや大人、高齢者ならまったく問題ないものの、足腰が弱った高齢者となると、ちょっと辛い乗降になる可能性がある。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

トヨタ・エスティマ画像はこちら

日産セレナ

 先代日産セレナにしても、シートアレンジ性など、子育て世代にはなかなかのアイデアを持っている。だが乗降性はどうかと言えば、スライドドア部分のステップ高は1段目の385mmは低くても、フロアはやはりその上の地上465mmにあり、ステップに80mmの段差があることになる。階段を2段上がる乗車性ということだ。ちなみに当時のライバルであるホンダ・ステップワゴンは地上390mm。トヨタ・ノア&ヴォクシーはもっとも低い地上345mmの1ステップフロアだった。日産セレナ画像はこちら

日産エルグランド

 日産エルグランドはどうか。乗ってしまえばじつに快適な後席居住性が約束されているが、2002年から2010年まで販売されていた2代目エルグランドのフロアはかなり高め。1段目のステップ高は地上385mmと低めなものの、フロアはそこからどーんと高い地上535mm。なんと150mmもの段差があったのである。日産エルグランド画像はこちら

 ちなみに現行型は1段目のステップが地上400mmと高まっているものの、フロアはそこから95mm高い495mmになっている。日産エルグランド画像はこちら

トヨタ・アルファード

 そして現在、人気絶頂のトヨタ・アルファードについては、現行型とともに今でも現役だ。中古車人気も衰えない2008年登場の2代目となる先代モデルの場合、1段目のステップ高390mmはいいとして、フロアはそこから90mm高い地上480mmの高さにある。初代のフロア地上高が現行型のフロア地上高が525mmだったことからすれば低まっているが、やはり足腰が弱った高齢者が乗り降りするには、新型ノア&ヴォクシーのようにはいかないということになる。トヨタ・アルファード画像はこちら