やっぱり「ホイール」の魔力は絶大! 目線釘付け必至の「最高マッチング」カスタムカー4選【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

やっぱり「ホイール」の魔力は絶大! 目線釘付け必至の「最高マッチング」カスタムカー4選【大阪オートメッセ2022】

ホイールのセットアップは奥が深い!

 2月11日~13日にインテックス大阪で開催された大阪オートメッセ。約600台のカスタムマシンが所狭しと展示され、3日間に渡りギャラリーを楽しませてくれた。いずれも甲乙つけがたい魅力的なクルマではあるが、そこからホイールのセレクトが特に秀逸と感じた4台を、オートメッセウェブ編集部が独断でピックアップした。

トヨタ・ヤリス×ワーク・エモーションRS11

 まずは『ガレージベリー』のヤリスから紹介しよう。アグレッシブな印象のエアロをまとった姿からGRかと思いきや、型式がMXPH10なので4WDでもなく一般的なグレードのヤリスだ。

【関連記事】クルマから「キーキー」「バキバキ」「シャラシャラ」音が聞こえたらタダモノではない証! チューニングカー特有のサウンドとは

ガレージベリーのヤリスの外観画像はこちら

 純正のイメージを激変させているのは同社のエアロパーツで、スポーティな形状の前後バンパーやサイドステップなどに加え、独創的なデザインを採用したオーバーフェンダーの影響も大きい。保安基準に適合する9mmと極端な出幅ではないものの、純白のボディに対するアクセントとしての効果もある。

ガレージベリーのヤリスのサイドビュー画像はこちら

 そこに収まるホイールはワーク『エモーションRS11』で、サイズは前後8J×17+20とノーマルから大きくサイズアップ。ブラックのフェイスとシルバーのリム、白と赤のロゴによるコントラストも美しい。ハイパフォーマンスのGRヤリスにも負けない迫力で、かつ上品に仕上げた手腕とセンスはさすがのひと言だ。

ヤリスに装着したワークのホイール画像はこちら

マツダ・マツダ3×レイズ・ボルクレーシングG025

 次は広島マツダによるレーシングチーム『HMレーサーズ』が手がける、オリジナルの車高調や吸排気系でチューニングされたマツダ3を。ディーラー直径だけあり各パーツのクオリティは言わずもがな、ルックス/走り/フィーリングのすべてをブラッシュアップする。

広島マツダのマツダ3の外観画像はこちら

 足もとを飾るホイールはレイズの『ボルクレーシングG025』で、サイズはオリジナルのブレーキキットと干渉する心配がない8J×19+48だ。6ポットのキャリパーに345mmのドリルドローターを組み合わせ、強烈な制動力と優れたコントロール性で走りをサポート。開口部を広く取った細身のツインスポークだけに、キャリパーとローターを見せるドレスアップ効果も高い。

マツダ3に装着したレイズのホイール画像はこちら