フェラーリやランボの半額以下でバカ売れ! スーパーカーの常識を覆した「デ・トマソ・パンテーラ」という欧米コラボマシン (1/2ページ)

フェラーリやランボの半額以下でバカ売れ! スーパーカーの常識を覆した「デ・トマソ・パンテーラ」という欧米コラボマシン

7260台とスーパーカーのなかでも総生産台数が多いパンテーラ

 スーパーカーと言えば、ランボルギーニやフェラーリのようにV12、それもツインカム……V型なので正確には4本カムの48バルブと、まさに繊細で芸術的なエンジンをミッドシップに搭載するのが公式となっていました。

 それに反抗するかのように、プッシュロッドで野太いサウンドを奏でるアメリカンV8を搭載したスーパーカーも存在しました。その代表的なモデルが1970年に登場したデ・トマソ・パンテーラです。

 今回はイタリアとアメリカの合作となったデ・トマソ製のスーパーカー、パンテーラ・シリーズを振り返ってみました。

レーシングカーコンストラクターからスポーツカーメーカーに

 パンテーラ・シリーズを振り返る前に、まずはその生みの親であるデ・トマソの歴史を紹介しておきましょう。地元アルゼンチンでドライバーとして頭角を現してきたアレハンドロ・デ・トマソは、ヨーロッパに渡ってレース活動を続けたあと、レーシングカー・コンストラクターとしてアウトモービリ・デ・トマソを立ち上げています。

 最初に製作したのはフォーミュラ・ジュニアで、F2を経て1961年にはF1GP用のマシンを製作しています。残念ながらシャシーの競争力以前に、非力なエンジンが災いして好結果を残すことはできませんでした。

【関連記事】ロータスを復活させた「エリーゼ」のシャシーは68キロ! 軽さこそ正義の「Mk1」はスパルタン過ぎました

デ・トマソが作ったF2マシン画像はこちら

初のロードゴーイングカーモデルはヴァレルンガ

 1962年にはロードゴーイングカーに進出しています。最初のモデルとなったのはヴァレルンガと名付けられたオープン2シーターで、バックボーンパイプの後半に、英国フォード製の1.5L直4エンジンを直接ボルト止めして搭載したミッドシップ・スポーツでした。デ・トマソ ヴァレルンガ スパイダー画像はこちら

 のちにヴァレルンガにはギアが手掛けた2ドア・クーペボディを架装した、ベルリネッタも登場しています。そう、このときにシャシーを企画制作するデ・トマソと、エンジンを供給するフォード、ボディを手掛けるカロッツェリア・ギアのトライアングルが完成していたのです。デ・トマソ ヴァレルンガ画像はこちら

 続いて彼らが手掛けたクルマが1966年のトリノショーでデビューしたマングスタでした。マングスタ(Mangusta)とはイタリア語でマングースを意味していますが、これは同じフォード製エンジンを搭載したスポーツカーで、いかにも英国的な成り立ちを見せるACコブラを意識したものと伝えられています。デ・トマソ マングスタ画像はこちら

 それはともかくマングスタは、ヴァレルンガのエンジンを1.5Lの直4から4.8LのV8に乗せ換え、少しホイールベースを延長したシャシーに、チーフスタイリストとしてベルトーネからギアに移籍直後のジョルジェット・ジウジアーロが手掛けたボディが架装されていました。最大の特徴はエンジンフード。センターに伸びた“背骨”を支点に両サイド部分が跳ね上がる、ガルウィング・スタイルとなり、当時としては先進的なデザインでした。デ・トマソ マングスタ画像はこちら