クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • ジムカーナ王者・山野哲也選手の新マシンは「アルピーヌA110S」! 最新ハンドリングマシンの活躍に注目
SPORT
share:

ジムカーナ王者・山野哲也選手の新マシンは「アルピーヌA110S」! 最新ハンドリングマシンの活躍に注目

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部  PHOTO: アルピーヌ・ジャポン

  • アルピーヌA110Sは軽量アルミシャシーのミドシップカー
  • 山野哲也選手の22度目のチャンピオンを目指す

全日本ジムカーナ選手権で22度目のチャンピオンを目指す

 これまで「JAF全日本ジムカーナ選手権」において、21回もシリーズチャンピオンに輝いている山野哲也選手(チームドライビングマジック)。2022年シーズンは新たに「アルピーヌA110S」を相棒として参戦することとなった。「アルピーヌ・ジャポン」が山野選手をサポートして、22度目のチャンピオン獲得を応援するという。

アルミ軽量シャシーのミドシップスポーツカー「A110S」

 山野哲也選手は、2004年から2006年まで3年連続で「全日本GT選手権/SUPER GT」のシリーズチャンピオンを獲得。そして「JAF全日本ジムカーナ選手権」では、2021年シーズンに通算21度目となるシリーズチャンピオンを獲得するなど、数多くのタイトルを獲得しているトップレーシングドライバーのひとりだ。

 2017年から2021年までは、イタリアのライトウェイト・スポーツカー「アバルト124スパイダー」を駆って5年連続シリーズチャンピオンに輝いている。

 その山野選手が、今年は「アルピーヌA110S」で全日本ジムカーナ選手権に参戦し、22度目のシリーズタイトル獲得という偉業に挑戦する。

 A110Sはアルミを使用した軽量なシャシーと正確なハンドリングが特長であり、国内外でサーキットからラリーまで各種モータースポーツで活躍しているマシンだ。ジムカーナというきわめてテクニカルな競技でどんな活躍を見せてくれるのか、注目が集まる。

アルピーヌA110Sは軽量アルミシャシーのミドシップカー

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS