クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 「特別感」がないことが「本気の印」! トヨタがEVの「bZ4X」に込めたメッセージを走って感じた
CAR
share:

「特別感」がないことが「本気の印」! トヨタがEVの「bZ4X」に込めたメッセージを走って感じた

投稿日:

TEXT: 斎藤慎輔(SAITO Shinsuke)  PHOTO: 増田貴広

  • 他社BEVでありがちな強い加速は感じさせない
  • 4WDの0-100km/h加速は7.7秒と十分以上に速い
  • SUVでありながら旋回時のロール姿勢が安定しているのはBEV専用プラットフォームの強み
  • 協業で生み出されたBEV兄弟車、トヨタbZ4Xとスバル・ソルテラ
  • RAV4と類似したシルエットだがホイールベースはじめボディサイズは大きく、低くなっている
  • FF車はフロントモーター出力150kW、4WDは前80kW/後80kW
  • 現車の円形ステアリングホイールだとメーターが視認できない点が残念
  • シフトスイッチはリングタイプ
  • SUVの腰高感を感じさせない自然な運転姿勢
  • ロングホイールベースゆえ後席の空間にも余裕がある
  • リヤシートをフラット格納すると

ついにベールを脱いだトヨタの本気EV

 世界に先駆けハイブリッドを発売し、これまで他を圧倒する販売実績を持ち、さらにはFCVも加えて電動化技術では知見も経験もどこにも負けないトヨタだが、BEV(バッテリーEV)においては慎重姿勢を貫いてきた。そのトヨタが、いよいよBEV市場に本格参入する。

 この「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」では、「トヨタ(GR)86」と「スバルBRZ」における協業に続くスバルとの共同開発となり、そこには当然としてスバルの豊富なAWDの経験と技術も盛り込まれている。

サーキットで動力性能と運動性能を検証

 両車、プロトタイプでの試乗会が開催されたが、bZ4Xはサーキットで、スバル版の「ソルテラ」は雪上でとあいなった。タイミング的に先に乗れたのがbZ4Xで、千葉県にある袖ヶ浦フォレストレースウェイにおいて走りを試した。ここはサーキットとしては舗装が一般道に近いもので、極端に路面ミューが高くないのが特徴。

 それだけに、本来の動力性能や運動性能を知るには最適だが、路面のサーフェスがフラット過ぎて、路面からの入力に対しての音や乗り心地などでは、少しわかりにくいところもある。つまり、どんなクルマでも乗り心地がよい方向に感じられがちなのだ。

協業で生み出されたBEV兄弟車、トヨタbZ4Xとスバル・ソルテラ

BEVならではの低重心と高いボディ剛性

 bZ4X(ソルテラも)のエクステリアデザインは、いわゆるSUVライクなフォルム。かつてのセダンに代わり、いまやSUVが世界の自動車市場の本流であることを思えば、トヨタ第一号のBEVとしては至極当然にも思える。バッテリーを床下に抱えることからも、車高は高いほうがパッケージングとしての整合性も高い。

 プラットフォームは、「カムリ」など上級FF車に使われる「GA-K」プラットフォームをベースとしながら、バッテリーの床下搭載を前提としたBEV専用に開発されたもの。バッテリーをしっかりと守る補強材などと相まって、極めて高い車体剛性を得ていることは、今回の試乗におけるひとつのハイライトとなった。

 面白いのは、ボディサイズも、あるいは見た目までも近い印象を与える「RAV4」との旋回時のロール姿勢の比較写真を資料に載せていること。そのロール量の違いを見ると、じゃあRAV4は良くないの? と思わせるくらいだが、RAV4の名誉のために言っておくと、このサイズのSUVとして、ハンドリングはけっして悪くないレベルだ。つまり、そのRAV4と比べてもこんなにも低重心で、旋回姿勢が安定しているというハナシである。

SUVでありながら旋回時のロール姿勢が安定しているのはBEV専用プラットフォームの強み

最大出力はFFが150kW、4WDが合計160kW

 試乗車はFFと4WDの2仕様で、それぞれに18インチタイヤ装着仕様と上級グレードの20インチタイヤ装着仕様が用意されていた。ごく簡単に性能面での諸元を記すと、駆動用リチウムイオンバッテリーの総電力量は71.4kWh。ちなみに「日産アリア」は66kWhである。モーターの最大出力は、FF仕様が150kW、4WD仕様はフロント80kW/リヤ80kW、日産アリアではFFで160kWと似たようなところにある。車重はFFで1920kg~、4WDは2005kg~と2t前後にも及んでしまうのは、BEVの辛いところ。

RAV4と類似したシルエットだがホイールベースはじめボディサイズは大きく、低くなっている

「先進感」を強調せず誰でも扱いやすい操作系

 乗り込んでみると、エクステリアデザイン同様インテリアデザインも、他社のEVにありがちな過度な先進感の演出はなされていない。ここは評価が分かれそうだが、少なくともスイッチ類は、従来の常識で自然に操作できるものばかりだし、ロータリータイプのシフトスイッチも扱いやすいと思う。

現車の円形ステアリングホイールだとメーターが視認できない点が残念

 そのなかで特徴的なのはフードレスのメーターパネルで、ステアリングホイールの上方からすべてを視認できるレイアウトにしたという。なのだが私の場合、残念ながらそうはなっておらず、ステアリングホイールがメーター類を遮らないようなドライビングポジションを求めてくるのだった。

 なぜ? と思えば、トヨタは近い将来ステアリングバイワイヤーの装着仕様を想定している。この際のステアリング形状は、最近のレーシングカーのような上下が扁平に削られた形状なので、最初からそれを折り込み済み、あるいは最重視していたのだろうか。

シフトスイッチはリングタイプ

走行モードはシンプルに2種類のみ

 真っ先にコースインできたのは4WDの20インチタイヤ仕様で、1モデルにつき3周。試乗会前半は4周だったのだが、電力消費状況から3周に変えたという舞台裏ネタも入ってきていた。これもEVの辛いところ。

 走行モードには、ノーマルモードとエコモードの2種が選べるが、じつはこれはスバル版のソルテラが、パワー、ノーマル、エコの3モードとしている点との差異。もうひとつ、わかりやすい違いとして回生ブレーキによる減速度を選べる「パドルシフト」を備えるのはソルテラだけで、bZ4Xはどのグレードでも持たない。

 ここで興味深いことがひとつ。これは後に得た情報ではあるのだが、bZ4Xのノーマルモードはソルテラのパワーモードの制御に近く、エコモードがソルテラのノーマルモードに近い制御という点だ。トヨタもその設定には苦慮したらしいが、ソルテラの3モードに対して2モードとしたなかでの、最終的な落としどころとなったのかもしれない。

FF車はフロントモーター出力150kW、4WDは前80kW/後80kW

ジェントルで自然な加速フィールが好感触

 といっても、ノーマルモードでアクセルペダルを踏み込んだ際の加速の立ち上がりも、これまで経験してきたEVのなかでは、いかにもモータートルクの瞬間の立ち上がりを知らしめるような、後頭部をグイグイとヘッドレストに打ち付けるようなGや、あるいはのけぞり感はほとんどない。あれ、エコモードのままだったかな? と思わされるくらいに。

 むしろ、これはEVの加速特性において、珍しく紳士的な知性を感じさせるとも思えた。やたら瞬間的な強い加速度を強調して、あたかもEVとは音もせず猛烈な加速ができるのが正義、みたいなものが多くて、ちょっと辟易しはじめていたところだったので、むしろホッとさせられたのだった。

 いわば上質な加速感。しかも、ドライブトレーンを左右対称にしたレイアウトで、左右等長ドライブシャフトを採用し、急加速時などの駆動モーターの強力なトルクに対してもステアリングへの影響を抑えるなど、なかなかどうして、見た目やクラス以上に上級車的な走り感をもたらしているのだ。

他社BEVでありがちな強い加速は感じさせない

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS