クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 圧倒的にアウトドアで「映え」てしかも安い! 最新車が買えても「あえて」選んでほしいビンテージSUV4選+α
OUTDOOR
share:

圧倒的にアウトドアで「映え」てしかも安い! 最新車が買えても「あえて」選んでほしいビンテージSUV4選+α

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: 日産自動車/Ford Motor Company/Auto Messe Web編集部

  • 2代目フォード・ブロンコの走り
  • 2代目日産テラノ
  • スズキ・エスクード2.4ヘリーハンセンリミテッド
  • 日産ラシーン
  • ホンダ・エレメント
  • トレーラーを牽引する2代目ブロンコ
  • 映えるヴィンテージなSUV5選
  • 映えるヴィンテージなSUV5選

アウトドアギアのひとつとして選びたいヴィンテージSUV

 アウトドアフィールドで使用する道具で差をつけたい。だから、流行りのヴィンテージなアイテムを持ち込んでいるアウトドア派も多いと思う。そこでキャンプやアウトドアの足として欠かせない、乗っていくクルマもまた、映えはもちろん、実用性も優れた1台を選ぶと完璧ではないか。トレーラーを牽引する2代目ブロンコ

 とはいえ、たしかに最新のSUVなどで乗りつけるのもアリだが、やはり人とカブる可能性は大きい。あえてのヴィンテージモデルをセレクトするのが”通”というものだろう。

映えるユーズドSUVその1:ホンダ・エレメント
タフなルックスと実用性に加えてレア度も満点!!

 そこでまず紹介したいのが、2003年〜2005年末にかけて日本で発売されたホンダ・エレメントだ。西海岸のライフガードステーションをモチーフにデザイン・開発され、アメリカで企画・生産された逆輸入モデルだ。タフなルックスのSUVでありながらミニバン並みの室内空間、ビルトインBピラーの観音開きドアを持ち、日本仕様は4WDのみの設定とするこだわり派のSUVであった。ホンダ・エレメント

 年間600台程度の販売計画だったため、今も昔もめったに街で見かけることはなく、かなりレアなホンダ車とも言えるのだが、海、山のアウトドアシーンでの映え度は満点。サーファー御用達でもあるため、荷物の積載性もバッチリなのである。中古車としては、日本全国で50台ちょっとという在庫数ながら、価格は100万円台と比較的手頃だ。

映えるユーズドSUVその2:スズキ・エスクード
映えはジムニーに劣るも実用性は圧勝!!

 安さ爆発!? という点では、スズキの3代目エスクードもなかなかだ。2.0L、2.4Lまたは2.7Lの余裕あるエンジンを搭載して走破性にも優れ、それで中古車価格は50万円前後から100万円以内という、気軽に選べるメリットは大きい。映え度はジムニーほどではないが、荷物の積載性を含めて実用性はけっこう高い。スズキ・エスクード2.4ヘリーハンセンリミテッド

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS