GT-Rニスモもポルシェターボも超えた! 筑波サーキットで58秒を叩き出したHKSのGR86のバカッ速仕様とは (1/2ページ)

GT-Rニスモもポルシェターボも超えた! 筑波サーキットで58秒を叩き出したHKSのGR86のバカッ速仕様とは

この記事をまとめると

  • HKSによるGR86筑波タイムアタックマシン
  • これまで4回チャレンジし筑波58秒311をマーク
  • ステップごとにチューニング内容と効果を解説

エンジン内部とミッションはノーマルのまま筑波58秒311をマーク

 2021年10月に発売されたばかりの最新FRスポーツカー「GR86/BRZ」は実際どれだけ速くなるのか? すでにチューニングパーツメーカーの雄「HKS」はGR86で筑波サーキット58秒311をマークしている。なぜそんなに速いのか、どうしたらそんなに速くなるのか、HKSのアタックマシンの速さの秘密に迫りながら、最新チューニングの考え方を学んでみよう。

STEP0:ライトチューンでも1分5~6秒

 GR86でさっそく筑波タイムアタックに挑んでいるHKS。だが、タイムだけを追い求めた仕様ではなく、GR86の良さを高めるために、ノーマルを活かしたチューニングを行っている。そこで、このアタックマシンの仕様とその変化からタイムの伸びを追っていけば、どのようなチューニングをしていけば、どのような効果があるのかが見えてくるというわけだ!

 ちなみに、ハイグリップラジアルタイヤ+吸排気+サスペンション交換程度のチューンだと、プロドライバーが乗って筑波1分5~6秒くらいが標準的なタイム。それでも十分速いのだが、HKSのGR86は異次元の速さを実現している。

【関連記事】初めての愛車チューニングに迷ったらまず操作系から! 初心者にオススメのステップアップ術3選

筑波タイムアタックのドライバーは谷口信輝選手が務めた画像はこちら

STEP1:軽量化+Sタイヤ仕様=1分1秒855

軽さを手に入れていきなり1秒台をマーク

 まず最初はエンジンノーマルのままで、吸排気チューン、サスペンション、Sタイヤを組み合わせた仕様で、1分1秒855をマークしている。1分1秒台といえば、ちょっと前ならフルチューンでもおかしくないタイム。では、なぜそんなに速いのか? もちろんタイヤの性能と、HKSの吸排気によるパワーアップとサスペンションによるハンドリングがある。

 そして、タイムアタックマシンに欠かせない要素が「軽さ」だ。STEP1の時点で内装はフルストリップ。地味ではあるが助手席のシートを外し、リヤシートも外す。これだけでも20~30kgの軽量化になる。こうした積み重ねでクルマを軽く仕上げていくことで、軽いクルマは加速も減速も、コーナリングも速くなる。

運転席以外の内装を取り去って軽量化画像はこちら

STEP2:エアロパーツ+ワイドボディ=1分1秒286

空気を味方につけて一気に0.6秒短縮

 次の仕様は中身はほとんど変わらぬまま、オリジナルのエアロを装着。リップスポイラーおよびカナードとウイングを装着することでダウンフォースを獲得し、空気を味方に付けた。ワイドボディによるワイドトレッド化も施され、タイヤは235/40R18から295/35R18に超ワイドタイヤ化。グリップ力の底上げと、ダウンフォースの獲得でドンとタイムアップを果たした。

 このワイドトレッド&ワイドタイヤと空力を味方につけるのも、現在ではアタックマシンのスタンダードだ。

数々のエアロパーツを装着してワイドトレッド化も行った画像はこちら

画像ギャラリー