新型GR86買ってみたぞ! 凄くいいけどカスタム派がオーナーになったら気になるところ3つ (1/2ページ)

新型GR86買ってみたぞ! 凄くいいけどカスタム派がオーナーになったら気になるところ3つ

進化しまくったGR86でも、気になる点はどうしてもある

 劇的進化を遂げた「トヨタGR86」を早速購入した筆者・加茂。すでに2000km近く乗っているのだが、いろいろとチューニングをジャーナルするのが生業なだけに、すでにイジりたい部分があちこち現れているわけである。

 先代「86」前期・後期から乗り換えた「GR86」は驚くほど進化している。エンジンが排気量アップによってトルクフルになっていることはもちろん、これまでも不足していたとは思えなかったボディ剛性が「こんなに良くなっちゃうの?」と思うくらいに良くなっている。それによって乗り心地も向上し、ハンドリングもじつに洗練された。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

2021年にフルモデルチェンジしたGR86画像はこちら

ポイント1 車高だけはいただけない

 ノーマルの車高だけはさすがに高い。ハンドリングは素晴らしいし、レーシングドライバーの佐々木雅弘選手が鍛えまくったという純正サスペンションはしなやかで品があり、それでいながら本気スポーツ走行まで対応できてしまう懐の深さまである。しかし、さまざまな基準があることで車高だけは高い。先代よりもマシになった印象はあるが、腰高感はある。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

どうしても腰高感は否めない画像はこちら

 そこで社外サスペンションの導入になるわけだが、ノーマルサスの良さもある。そこに目をつけたのがまたもや佐々木雅弘選手である。今やトヨタのチャンネルで「プリンス」と呼ばれる先輩は、チューニングとクルマが大好きなだけに、「目の付け所が佐々木先輩だね!」というわけで、いつの間にか純正サスペンション用のスプリングを自身で立ち上げた「GROW Design」ブランドで製作していた。いわゆるダウンサスというやつである。

 純正サスペンションのダンパーは使いつつ、スプリングだけを変える。車高が下がり、スポーツ走行向きなセッティングにするべく、徹底的に煮詰めてあるというのだ。

 車高調を入れてもいいのだが、まず車高を下げてGR86の味付けを堪能するなら、ダウンサスでしばらく楽しむという手はオススメしたいところだ。

GROW DesignのGR86用ダウンサス画像はこちら

ポイント2 ホイールもカッコいいけど……

 今回のGR86純正ホイールはシックなデザインでなかなかかっこいい。しかーし、車高を下げたらキャンバー角が増えてホイールは内側に入ってしまい、一瞬にして「電車」のようなルックスになってしまう。そこでホイール交換となるのだが、今回はリヤフェンダーがちょっとやっかい。フェンダーアーチの内側の爪の部分が妙に大きく、しかも曲げられなさそうなほどガチガチにできている。

GR86 RZの純正ホイールはシックなデザイン画像はこちら

 先代と同じギリギリサイズのホイールだと当たってしまうという。そこで検証してみたが、たしかに先代でギリギリ入っていたサイズは干渉してしまった。

 この部分の爪を折るか、切るのか、はたまたホイールサイズを変更するのかは悩みどころ。いや、先代86/BRZからの乗り換え組の多くは先代用の交換ホイールを持っていて、それを買い換えるのは現実的ではない。うまい対策が生まれることを願うばかりである。

リヤフェンダーのアーチ内の爪が大きいのがネック画像はこちら