「ただ参戦するだけで年間1000万円必要」って本当? 新型GR86&BRZ「ワンメイクレース」参戦するためにかかるコストは (1/2ページ)

「ただ参戦するだけで年間1000万円必要」って本当? 新型GR86&BRZ「ワンメイクレース」参戦するためにかかるコストは

日本のナンバー付き車両最高峰レース! 新型GR86/BRZでスタート

 アマチュアから有名なプロドライバーまでがしのぎを削る、2013年にスタートした86/BRZのワンメイクレース。地方ごとにシリーズが組まれていたヴィッツの上位カテゴリーで、全国を転戦するナンバー付き車両によるレースの最高峰だ。

【関連記事】4日目で三菱「トライトン」がトップ! トヨタ「ハイラックスRevo」が7分46秒差で追いかける!【AXCR2022現地レポート】

2021年の86/BRZのワンメイクレースレース画像はこちら

 多くのドラマが生まれ今年も大いに盛り上がったが、86/BRZがついにモデルチェンジを迎えた。それを受けワンメイクレースのベース車両も、新型であるGR86/BRZにスイッチすることが発表。名称も『TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup』へとあらためられ、第1戦は2022年の7月に開催を予定していることもアナウンスされている。アマチュアから往年のプロまで、ドライバーも勢揃いの人気86/BRZレース画像はこちら

参戦費用を推測すると

 まだGR86/BRZのレース車両は価格が公表されていないものの、旧型を例に参戦に必要な大まかな費用を考えてみたい。まず2012年にデビューした『86 Racing』の車両価格が280万円、通常グレードの最廉価モデル『RC』は200万円くらいだった。対する新型は約280万円となっており、80万円の価格差がそのまま反映されないにせよ、レース車両は300万円を超えると思われる。

GR86 RC
画像はこちら 写真はRC

 とはいえロールケージやLSDといった専用のアイテムが最初から装着され、あとからカスタムにかかるお金が少なくて済むことや、堂々と公道を走行できる状態で納車されるので、リーズナブルだと考えていいかもしれない。

 ココではGR86/BRZのレース車両を諸費用を込みで320~350万円と仮定する。そこからホイールをはじめ新車のパッケージに含まれていない、ホイールやシートといった装備をひととおり追加して70~80万円。レーシングスーツなどの装備やJAFのライセンスを所有していなければ、それらに必要なコストも30万円ほど考えておこう。

GR86カップカー(プロトタイプ)のリヤ画像はこちら

 ライセンス以外はFIAの規格が変わったり、穴が空いたりしない限りは使えるので、あくまで初めて公認レースに参加する人だけ。ココまでが俗にいうイニシャルコストだ。

 車両価格は予想にすぎないとはいえ、ドライバーとクルマを参戦できる状態にするだけで、安く見積もっても400万円はかかる計算になる。新車なので当たり前といえば当たり前だが、かなり勇気のいる初期投資額と言わざるを得ない。