新型トヨタGR 86ついに発売! スバルの代名詞「アイサイト」がそのまま採用された理由とは? (1/2ページ)

新型トヨタGR 86ついに発売! スバルの代名詞「アイサイト」がそのまま採用された理由とは?

エンジンに続き安全装備もスバルの技術を継承

 GR 86には、先代型の水平対向エンジンに続いて衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能を兼ね備えるアイサイトも搭載された。このふたつの技術は、スバル独自のセールスポイントとされるものだ。これをなぜトヨタのGR 86が採用したのか。

第1の理由はスバルが多くを開発しているため

 直接の理由は、GR 86がBRZとボディや内装、基本的な機能を共通化しており、開発と生産もスバルが受け持つからだ。GR 86はトヨタとスバルの共同開発車とされるが、両社が担当している実務を比べると、スバル側が圧倒的に多い。

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

GR 86とBRZ画像はこちら

 そして水平対向エンジンだけでなく、アイサイトについても、トヨタのトヨタセーフティセンスとはメカニズムが大幅に異なる。GR 86にトヨタセーフティセンスを搭載するには、設計を大幅に変える必要も生じるから、ステレオカメラ方式のアイサイトをそのまま使った。

 そしてアイサイトはすでにスバルの定番的な安全装備として定着しており、別の名称を与えると不自然にもなるから、そのままアイサイトを名乗っている。

アイサイト作動イメージ画像はこちら

 このあたりをトヨタの販売店に尋ねると、次のように述べた。「GR 86に興味を持つお客さまには、クルマ好きが多い。そのためにGR 86がスバルとの業務提携によって共同開発され、BRZと基本的に同じクルマであることもご存知だ。アイサイトの搭載も、当然のことと受け止めている」