「MTじゃなければWRXにあらず」は古すぎる! 走り好きのスバリスト女子がCVTのS4を選んだワケ (1/2ページ)

「MTじゃなければWRXにあらず」は古すぎる! 走り好きのスバリスト女子がCVTのS4を選んだワケ

スバ女の私が2ペダル車のWRX S4を購入した理由とは

 最近どうやらSNSで「WRXならSTIじゃなきゃ認めない」みたいな、いわゆるCVT(WRX S4・VAG型)vs MT(WRX STI・VAB型)の論争があったようで、同じWRXの名を名乗るクルマ同士、仲良くできないものかと遠目から見ていました。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

WRX S4とWRX STI画像はこちら

 じつは筆者が所有するのは、渦中のWRX S4 STIスポーツなので、少し悲しい気持ちで状況を見守ってましたが、そんな私がなぜ私がWRX S4を選んだのかを紹介します。

自分のライフスタイルにピッタリだったS4を購入

 購入時にMT車のWRX STIを選ぶということは、ほとんど考えていませんでした。自分でシフトチェンジして走らせる運転の面白さや、MTモデルだからこそ楽しめるカスタムがあることは理解していましたが、やっぱりCVTであることやアイサイトが付いていることを重視しました。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

VAG型WRX S4 STIスポーツのフロントスタイル画像はこちら

 WRX S4に積載されているエンジンは2LターボのFA20DIT型で、最高出力300psを発揮するスポーツセダンとしては、必要にして十分過ぎるスペックを誇るエンジンです。これだけのパワーがありながら、クラッチ操作もシフトチェンジもいらないだなんてすごくないですか? と思う次第です。

 高速道路の追い抜きも軽々とこなせますし、アクセルを踏んだらターボ特有の過激な加速感を味わうことができるので、不満はまったくありません。普段のお買い物や少し遠方へのお出かけに使うことがほとんどという自分の日常生活を考えたら、たまには片手にジュースを持ちながら、2ペダルで気軽にドライブできるWRX S4の方が相性がいいな〜と思ったのです。

運転支援システムのアイサイトはもはや手放せない機能

 愛車に搭載されているアイサイトは、”アイサイト・ツーリングアシスト”と呼ばれるバージョンで、0km/h~120km/hまでの幅広い車速域でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作(※レーンキープ)を自動でアシストしてくれます。従来のアイサイト同様に、万が一のときには衝突回避を支援してくれるので、至れり尽くせりのこのシステムはマストアイテムです。アイサイトツーリングアシストのステレオカメラ画像はこちら

 渋滞時のちょこちょこ進むたびにアクセルとブレーキを踏む煩わしさから解放されて、ストレスフリーなドライブが楽しめます。一度でもこの安心・安全・快適さを味わってしまったら手放せなくなりますね。