これだけやってたった1500円! 100均アイテムで車中泊が超快適になる魔法のDIY術 (1/2ページ)

これだけやってたった1500円! 100均アイテムで車中泊が超快適になる魔法のDIY術

100均アイテムだけで実現できる愛車の車中泊カスタム

 大きなブームになっている車中泊は、テントやタープを張ることなく気軽にアウトドア気分が味わえるのが大きな魅力でもあります。そこで今回は100円ショップのアイテムを使って、車中泊を快適にする簡単なプチカスタムを5つ紹介いたします。ちなみに今回用意したアイテムの総額は1485円(税込)でした。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

100円ショップで手に入る車中泊仕様カスタム画像はこちら

車中泊仕様プチカスタム01:
アルミ保温シート流用目隠しシェード

 車中泊を快適に過ごすため、多くの人が自分流の工夫を凝らしていると思います。なかには大掛かりなDIYを施してキャンピングカーのようにカスタムしている強者もいるようですが、年に数回程度しか車中泊を楽しまない人にとっては羨ましいけれど、決して現実的ではありません。そこで、最初に紹介するプチカスタムは「目隠し」です。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

アルミ流し台シート画像はこちら

 車中泊でもっとも怖いのは知らない人に車内を覗かれること。夜中に目を開けたら人が覗いていたというのは恐怖でしかありません。そこで、カスタムしたいのがウインドウの目隠しです。フロントガラスだけならば市販されているサンシェードを使うのがおすすめですが、これはフロントガラスだけに限られてしまいます。自作した目隠しシェード画像はこちら

 そこで、簡単に使えるのが100円ショップにある「お風呂用保温シート」や「アルミ流し台シート」の流用です。ウレタンマットにアルミシートが貼ってある商品なので、ハサミで簡単にカットすることができます。サイドウインドウやリヤウインドウの大きさに合わせてカットし、四隅に小さな穴を開けて100円ショップで売っている吸盤を取り付ければ完成。お風呂のお湯を保温する商品なので、車内の防寒対策にも役立ちます。吸盤を取り付けるのが面倒ならば、これも100円ショップでも売っている強力なネオジウム磁石を使い、クルマの外と中からガラスを挟むようにマットを固定するのも裏ワザです。

車中泊仕様プチカスタム02:
ウインドウバグネット(虫除けネット)

 換気や車内の温度を快適に調整するためには窓を開けることは必要ですが、夏場では虫の侵入が気になります。充電式や電池式のべープやノーマットを使っても、窓を開けていたら蚊の侵入は避けられません。そこで、簡単に作れる「網戸」が効果を発揮します。カーショップや100ショップで売られている汎用の折り畳み式サンシェードを利用し、窓枠にピッタリと収まるものを使えば解決です。リヤガラス用メッシュシェード画像はこちら

 サンシェードは空気が通るメッシュ状の商品を選ぶのがコツで、より密着性を高めたいのであれば商品の枠を切り詰めて、窓枠に沿った形状へと加工しましょう。加工はそれほど難しくなく、ステンレス製の枠を窓の形状合わせて曲げ直し、サイズが大きいようであればステンレスの枠をカットして調整してください。100円ショップの折りたたみ式メッシュシェード画像はこちら

 使わないときはクルリと折り畳んでコンパクトに収納できるので、サイドポケットやトランクの隙間に入れておくことができます。

車中泊仕様プチカスタム03:
薬カレンダー流用小物入れ

 クルマのなかで宿泊する車中泊では、就寝中に荷物を運転席や助手席に詰め込むことも多く、必要なモノを荷物のなかに入れてしまい、探すのに苦労したことはありませんか? そんな面倒な作業をしないためにもオススメしたい商品が「薬用カレンダー」です。お薬カレンダー画像はこちら

 これも100円ショップで売られているアイテムで、吊り下げ式のカレンダーにポケットが付いている商品。ヘッドレストの裏に下げ、ポケットに鍵やスマホ、充電ケーブル、タバコやライター、懐中電灯などを入れておけば使いたいときにすぐ取り出せます。ポケットには31日刻みのものもありますが、朝・昼・晩の3つに分けられた大きなポケットのものが使いやすいでしょう。お薬カレンダーを流用した小物入れ画像はこちら