これだけやってたった1500円! 100均アイテムで車中泊が超快適になる魔法のDIY術 (2/2ページ)

車中泊仕様プチカスタム04:
ハンモック流用ルーフネット

 車中泊を楽しむ人なら車内空間を有効に利用したいと考えるのは当たり前のこと。そこでオススメなのが天井の空間を有効利用できる「ハンモック」や「ネット」です。これも100均で売られているもので、ダイソーでは550円(税別)でハンモックを手に入れることができます。商品は本体を紐で固定するもですが、同じく100円ショップで売られているゴムとS字フックを取り付けて、フロントとリヤのアシストグリップに引っかけることで天井に荷物スペースを作ることができます。

【関連記事】米国の「DIY」はスケールがケタ違い! イケメン主夫の自宅と愛車テスラ「モデル3」を拝見──米国放浪バンライフ:Vol.11

100円ショップのハンモック画像はこちら

 また、ゴム製のネットはカーショップ(100円ショップでは自転車用のカゴ用ネットしかなくサイズが小さい)などで荷物を固定するカーゴネットとして売らており、自分の好きなサイズを選んで前後のアシストグリップに取り付けましょう。井桁状のゴムネットはS字フックを使えば好きな位置にランタンを吊り下げることができ、隙間からお菓子や本などを乗せることもできるので便利に使えます。ハンモックを流用した天井収納画像はこちら

車中泊仕様プチカスタム05:タッチライト

 夜間の行動に必要不可欠なのが照明器具ですが、これもホームセンターや100均で売っているLED式の「タッチライト」がおすすめです。電池を使用するドーム状のライトの裏側に粘着式のファスナーテープ(マジックテープ)を貼り、片側を内装部分に貼っておけば装着や取り外しも簡単に行えます。100円ショップのSMDランプ画像はこちら

 消したいときは半球状の照明部分を軽く押すだけなので使い勝手も良く、車内の照明器具として便利に使えます。ルームライトを付けたままではバッテリーが心配……という人にもオススメで、複数個を装備しておけば車内を明るく照らしてくれるので夜間も安心。また、リメイクの楽しみ方として半球状のカバー部分にステッカーや切り文字のデカールを貼り付けることでオシャレなアクセントを添える照明へと変身させることもできます。スイッチライトの点灯画像はこちら

 本格的なベッドキットや高価なポータブル電源は憧れの存在ですが、年に数回しか車中泊をしないのであれば、知恵を絞ってリーズナブルに車中泊を楽しみましょう。100均は素材の宝庫であり、専用として売られている商品でも知恵と工夫次第では車中泊を盛り上げる魔法のアイテムに変身してくれます。暇な時間があればダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツなどの100均ショップを巡り、想像力を働かせて快適アイテムを探してみるのも楽しい時間になることでしょう。