空前のガソリン高騰のいま選ぶべきは好燃費車! アウトドア派が選ぶべき150万円以下のハイブリッド車7選 (1/2ページ)

空前のガソリン高騰のいま選ぶべきは好燃費車! アウトドア派が選ぶべき150万円以下のハイブリッド車7選

コンパクトカーから人気SUVまで狙える
150万円以下のハイブリッドカーとは

 ガソリン価格が高騰している。政府による石油元売りへの補助金支給があっても、依然、高値で推移したままと言っていい。4月12日時点で、レギュラーガソリンは169円(※埼玉県内フルサービス店)、ハイオクともなれば180円(※埼玉県内フルサービス店)なのだから、自家用車を所有する家計への負担は非常に大きい。そこで、こんな時代だからこそ乗り替えを検討したい低燃費カー、それも150万円以下で買える中古の燃費スペシャルカーを各カテゴリーに分けて紹介したい。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ガソリン価格高騰画像はこちら

150万円で狙えるコンパクトHV:
「初代アクア&アクアクロスオーバー」

 まずは何と言っても、一時世界最高燃費を誇ったハイブリッド専用車の先代トヨタ・アクアだ。といっても、ただのアクアがアウトドアに似合うはずもない。ここで取り上げるのは、アクアのクロスオーバーモデルであるアクアクロスオーバーだ。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

アクア・クロスオーバーのフロントスタイル画像はこちら

 年式的には最高2017年式とはいえ、比較的新しい中古車が手に入る。乗り心地や先進運転支援装備は新型に敵わないものの、150万円以下で3~4年落ちの燃費スペシャルなクルマに乗れるのだから、文句なしだろう。先代モデルの場合、今では一般的なWLTCモード燃費は公表されていないが、JC08モード燃費は34.4~38.0km/Lとなる。実燃費は走り方にもよるが23~24km/Lぐらいになるだろう。

150万円で狙えるミドルサイズHVセダン:
「4代目プリウス」

 そしてもちろんプリウスも忘れてはならない。プリウスなら2015年デビューの現行が150万円以下で手に入る。年式的には2016~2017年式が中心で、燃費スペシャルではない中心グレードでもJC08モード燃費は37.2km/Lと素晴らしい。50系プリウスのフロントスタイル画像はこちら

 後席に人を乗せる機会が多い、アウトドアの荷物をどっさり積むことができるラゲッジルームの実用性も重視したいというなら、アクアよりこちらがお薦め。AC100V/1500Wコンセントが付いていれば、車内外で家電品を使うことができ、より快適で文化的なアウトドアが楽しめる。

150万円で狙える3列仕様HVミニバン:
「プリウスα」

 たまに使う3列シートを備えた、燃費抜群のミニバンが欲しいというなら、プリウスαだ。150万円以下だと年式的には2015~2017年式となり、意外に走行距離の少ない中古車が多いのも特徴だ(※2017年式で5万km前後)。プリウスほどの超燃費性能は望めないものの、それでもJC08モード燃費は26.2km/L。丁寧に走れば実燃費20km/L越えは可能となる。こちらにもAC100V/1500Wコンセント装着車があるから、アウトドア前提なら、そこはハズせないだろう。プリウスαの前後スタイリング画像はこちら