クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • クラシックなフォルクスワーゲンに乗る20代が増殖中! 和歌山のVW集会「オレンジバグ」に潜入してみた
CLASSIC
share:

クラシックなフォルクスワーゲンに乗る20代が増殖中! 和歌山のVW集会「オレンジバグ」に潜入してみた

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 竹内耕太  PHOTO: Auto Messe Web編集部 竹内耕太

  • 大昔のビートルやワーゲンバスに乗っている20代の若者に直撃

  • 和歌山市の片男波海水浴駐車場を貸し切って開催された「オレンジバグ2022」
  • 関西エリアだけでなく全国から集まったVWの数は400台近く
  • オーナーの年齢層が最近、若返ってきている
  • 秋田県で毎日の相棒としてビートルに乗る長澤さん
  • 地元で大事に乗られていた個体を引き継いだ
  • バスの荷台にテントを張って旅してきた但木さん
  • 足元はラグタイヤでシブく決めている
  • 他にミニカアミ55も所有する旧車マニアな森田さん
  • 好みのカスタムを楽しんでいる
  • 市場が高騰しているワーゲンバスだが友だちのお父さんから安く譲ってもらった
  • これからピンストライパーとして旗揚げするSOLLAさん
  • ピンストライプを自ら施した愛車
  • 仕事にも遊びにも活躍するタイプ3バリアント
  • バリアントのインテリアも綺麗
  • 適度にサビでヤレたスタイルを愛する谷本さん
  • 経年変化の味わいを愛する人も多い

東北地方から下道でドライブしてくる猛者も!

 ちょっと前まで世間で「若者のクルマ離れ」などとよく言われていたころは、クラシックカーの世界でもオーナー層の高齢化が進んでいたものだ。ところが、自分が生まれるはるか前の旧車に惹かれて乗りはじめる若者が、近年また増えてきている。

 4月に和歌山市で開催されたクラシック・フォルクスワーゲンのミーティング「オレンジバグ」の会場にて、20代のワーゲン乗り7人にインタビューを敢行。今どきの若者が多彩なスタイルで旧車ライフを楽しんでいる様子をお届けしよう。

和歌山のVWオーナーたちによる手づくりイベント

 数ある旧車のなかでも最大勢力のひとつであるクラシック・フォルクスワーゲン。タイプ1=「ビートル」やタイプ2=「ワーゲンバス」など、エンジンが空冷式だった時代のモデルということで「空冷VW」と呼ばれたりもする。全国各地で大小さまざまなイベントが行われていて、今年の春一番となった大規模なミーティングが、4月10日(日)に和歌山市・片男波(かたおなみ)海水浴場の駐車場で開催された「オレンジバグ・ビーチサイド・フェスティバル2022」だ。

和歌山市の片男波海水浴駐車場を貸し切って開催された「オレンジバグ2022」

 これは地元・和歌山のVWオーナーたちが2018年に立ち上げたイベントで、コロナ禍による中断を挟みながら、今年で4回目。砂浜のすぐ脇にワーゲンを並べて春の日差しの下ゆっくり過ごすだけなのだが、さながらアメリカ西海岸のような雰囲気の良さで徐々に参加台数が増加。昨年に200台を超えていたのだが、2022年はついに350台を突破し、関係者のクルマも含めると400台近いVWが集まった。

関西エリアだけでなく全国から集まったVWの数は400台近く

 関西エリアはもちろんのこと、関東地方や東北地方、西は九州からも、数々のワーゲン乗りたちが和歌山まで自走でやって来た。にぎわう「オレンジバグ」会場では、20代の若きワーゲンオーナーたちに続々と出会うことができたので、彼らの愛車とカーライフをご紹介していこう。

オーナーの年齢層が最近、若返ってきている

その1:秋田のビートル乗り、冬場は毎日高圧洗浄

 秋田県の長澤潤平さん(22歳)は「秋55」の旧ナンバーを掲げた1975年式のビートルに乗って丸2年。その前から乗っていたザ・ビートルは去年手放し、それからはこれ1台体制で毎日、職場までの往復70kmも買い物も、なんでもこなしている。

 雑誌「POPEYE」の時代を彷彿とさせるスキーキャリアは今年3月に取り付けたばかりのアイテムで、下のバンパー側のステーは地元のおじさんに作ってもらったのだとか。

秋田県で毎日の相棒としてビートルに乗る長澤さん

「秋田県なので冬は毎日ビートルの下まわりを高圧洗浄してました。去年、自分でエンジンを降ろしてリフレッシュしたんですよ」

 この和歌山のイベントへは、節約のために秋田から三重までずっと下道でドライブしてきて、三重で知人からETC車載機をもらってビートルに取り付けたのだそうだ。さらに自ら志願して「オレンジバグ」のイベントスタッフをしていたのだから、そのエネルギーには恐れ入る。

地元で大事に乗られていた個体を引き継いだ

その2:ワーゲンバスで「車上泊」しながら下道移動

 こちらの但木佑成さん(24歳)はワーゲンが好きすぎて、宮城県のVWショップ「ジュースアップ」で働いている筋金入りだ。昨年の秋には1966年式ビートルでドラッグレースに初挑戦もしている。

 今回は1964年式のワーゲンバスの後ろが荷台になっている、「シングルピック」で和歌山まで駆けつけたのだが……。

バスの荷台にテントを張って旅してきた但木さん

「宮城を出てから、下道で1日半かけて広島まで行って、そこから和歌山までの区間だけ高速で来ました。帰りも宮城まで下道で帰ります。疲れたら荷台の上にテントを張って寝てますよ」と涼やかな顔で語ってくれた。

 オンボロルックのワーゲンバスだが、よく見ると足元には16インチのラグタイヤを履いていて(純正は15インチ)、さりげなく雰囲気アップしているのだった。

足元はラグタイヤでシブく決めている

その3:国産旧車を乗り継いだ末ビートルに

 地元・和歌山にお住まいの森田崇睦さん(27歳)は、美容師用のハサミを作るという職人系のお仕事だそうだ。そんなコダワリがクルマ趣味にも反映されたものか、免許を取ってからずっと旧車に乗ってきたそうで、最初に買ったのがマツダ・キャロル(初代)。

 今回乗ってきた1972年式ビートルは、じつはちょうど1年前、この「オレンジバグ」にて、売りに出ていた個体を買ったのだそうだ。

他にミニカアミ55も所有する旧車マニアな森田さん

「最近スバルR-2(古い方)を手放して、いまは1978年式の三菱ミニカアミ55とビートルの2台体制です」とのこと。ビートルの足元には本物の「スプリントスター」ホイールを履いて、いくつものアクセサリーを取り付け、自在なカスタマイズを楽しんでいるようだ。

好みのカスタムを楽しんでいる

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS