じつは「介助する側」も大変! 介助者がラクできるクルマ3選 (2/2ページ)

オプションを装備すれば完璧なトヨタ・ノア&ヴォクシー

 ここまではスーパーハイト系軽自動車、そしてコンパクトハイトワゴンのBピラーレス車(中古車の一例)を紹介してきたが、より室内空間に余裕があり、ロングドライブにも適した、介助されるほうもするほうもラクな1台が、新型トヨタ・ノア&ヴォクシーだ。

【関連記事】「やるぜ!! 箱根ターンパイク2022」開催! 計画より8年前倒しで実現したパラモトライダーと一緒に走るツーリングに密着

新型ノアの走り画像はこちら

 高い全高のボックス型ミニバンだけに、スライドドアの開口部の高さはタントの1200mmに対して1260mmもあり、介助される方もする方も、頭を大きくかがめずに乗降できるのだ。

 フロアと乗降は先代の360mmから380mmに高まって入るものの、廉価な3万3000円のオプションで(先代の電動タイプは20万円近くした)、電動スライドドアの開閉と連動するユニバーサルステップが用意される。装備すると1段目(あくまで)のステップ地上高は驚愕の低さの200mmになるのだから、足腰が弱った高齢者、介助されるほうも楽々乗車できることになる。

ノアのステップ画像はこちら

 さらに、Bピラーはあるのだが、そこにあるアシストグリップの下部は、子ども用自転車のハンドルグリップと同じ太さ(細さ)に設定され、子どもだけでなく握力の弱まった高齢者でも握りやすくなっているのである。

ノアのアシストグリップ画像はこちら

 また、2列目席はフロアからシート前端までの高さ=ヒール段差が370mmと高めで、乗車してから腰を落とすのも、立ち上がるのも比較的に楽々というわけだ。ただし、運転席と助手席の間にコンソールボックスがあるので、運転席から後席に車内移動するには、それをまたがなくてはならないのだが……。そこを除けば、ユニバーサルステップ装備前提なら、なかなかのサポートカーとなりうる。

ノアの2列目シート画像はこちら