いいクルマが成功するとは限らない典型例! スカイラインクロスオーバーが日本から消滅したワケ (2/2ページ)

国内市場での消極的姿勢が貴重なSUV2モデルを活かせなかった

 日本での販売は正直褒めらるような実績を誇ることにはならず。期待値が高かった筆者の読みは外れてムラーノは日本から撤退したし、スカイラインクロスオーバーも2016年に販売を終了する。しかしスカイラインクロスオーバーは本拠地である北米では、インフィニティEXからQXに名を変えて現在も発売中。もちろんムラーノも海外では活躍中である。

【関連記事】電動化してでも後継モデルが見たい! こだわりの四駆制御や2ペダル化など進化し続けた「ランエボ」の軌跡

インフィニティQX50画像はこちら

 そこで撤退せざるを得なかった理由を考えると、エンジンの排気量が大きく関係しているのだと思う。V8のピックアップトラックが定番の北米では(現在でも4ドアセダンよりも売れている)3.7LのV6はコンパクトな部類に入る。乱暴な言い方だが、スカイラインクロスオーバーは北米の平均的なユーザーの日常使いのひとつモデルであり、少し極端ではあるが日本で言えば現在のハイト系の軽自動車のような存在。

 対して日本はこのころはすでにハイブリッドカーが謳歌していた時代に入っており、3.7Lなんてそんな税金が高いクルマなど買えない、となったことだろう。せめて2Lクラスのエンジンがあればよかったと思うが、それはムラーノの範疇であり、差別化の面では厳しかったか……。新型ムラーノ画像はこちら

 モデルチェンジやどこかのタイミングで、ムラーノとクロスオーバーを統一する形でコンセプトの共通化が構築できればSUV全盛の昨今でも人気を集めたに違いない。ライバルであるトヨタのようにハリアーやRAV4は、一時期国内販売はされなかったものの、見事に復活を果たして人気を集めている。現在の日産にこのクラスのSUVがないのは、日産ファンからしたら残念に思っているに違いない。しかも発売当初からスカイラインクロスオーバーの月間販売目標台数が200台でも国内販売に踏み切ったのだから、そこで時間がかかっても次の一手を打つべきだったのだ。

エクストレイル以上アリア未満のモデルがあればSUV市場に新たな開拓できたかも!?

 スカイラインクロスオーバーとムラーノを考えると、売れなくてもなんとか頑張って作り続けていれば、ユーザーの心と意識から消えることなく、いま現在でも存在していた可能性が高いだろう。スカイラインの名は伊達ではなくて、4ドアセダンにガソリンターボエンジンのスカイライン400Rが登場した際は大いに話題となった。販売的には日産の懐を潤したわけではないだろうけれど、ブランドとは歴史の積み重ねが生んだ結果だろうから、その灯火が消えるのは好ましくない。スカイラインクロスオーバーのフロントスタイル画像はこちら

 現在、プレミアムSUVの市場はトヨタとマツダ、そして輸入車しか選択肢がない状態は寂しい限り。スカイラインクロスオーバーはスカイラインシリーズとしてはラグジュアリーすぎると感じる内装と伝統の丸形テールライトはないものの、走る、曲がる、止まる、そして長時間のドライブでも疲れない快適性。さらに先進安全装備も充実しており、この時代のSUVとしてはトップクラスの出来映えであった。アリアのフロントスタイル画像はこちら

 ちなみに日本市場では前述の通り2016年に姿を消しているが、現行モデルは北米でいまもなお活躍中。日本向けにエンジンや価格の手直しが行われていれば、また違った結果が生まれていたはず。ニッチなクルマではあるが、スカイラインクロスオーバーやムラーノを購入したオーナーに、買い替えの提案として販売店はどのモデルを薦めるのだろうか? まさか日産アリアではかなろうしキックスも違うだろう。

 つまり、この2モデルの間を埋めるクラスのプレミアムSUVがあれば、また違った日産ファンの獲得ができたのかもしれない。結論としては、スカイラインクロスオーバーやムラーノのような希有な存在でも、その一台を愛してくれる顧客に対して誠実であってほしいと願うばかりだ。

画像ギャラリー