新車購入時の価格差はリセールに反映されず! ディーラーオプションが査定に有利にならないワケ (1/2ページ)

noteで書く
新車購入時の価格差はリセールに反映されず! ディーラーオプションが査定に有利にならないワケ

この記事をまとめると

  • 愛車を便利に、かっこよくしてくれる数々のオプション
  • ディーラーオプションは基本的にプラス査定とならない
  • 輸入車は王道な仕様を外すと査定が下がる可能性もゼロではない

自分好みに仕立てたくなるのがクルマ好き

 新車購入に際しては悩ましいことだらけである。「どのクルマにしようか」から始まり、購入車種が決まれば、ボディカラーやグレード、そして値引き交渉などさまざま。そのなかで気をつけなければならないのがオプション選びだ。

ディーラーオプションはプラス査定にはならない

 メーカーの生産工場から出荷され、新車ディーラーに配車された段階で装着する、“ディーラーオプション”と呼ばれるものは残念ながら愛車の価値を高める効果は期待できない。

 そのため、アクセサリーカタログに掲載されているエアロパーツなどを購入して装着しても、その分愛車の価値がアップすることは原則的にない。ただし、汎用アクセサリーで有名ブランドのものならば、そのようなドレスアップモデルを中心に扱う中古車専業店などでは多少考慮されることはあるかもしれない。

【関連記事】ガレージのツールもデザインにこだわる時代! シックなマットブラックのエアコンプレッサーが「DEEN.J」から発売

旧型フィットのディーラーオプション仕様画像はこちら

 一般的に愛車の価値を高めるのはメーカーオプションとなる。メーカーが新車として生産するときにしかライン装着できないというのがその理由。車種によって標準装備ということもあるかもしれないが、サンルーフ、オプションカラー(パール系)、レザーシートなどは、愛車の価値を高める鉄板オプションといえよう。

ボディカラーも査定結果に大きく響く

 ホワイトやブラックのパール系オプションカラーは、どんな車種でも価値のアップは間違いないのだが、最近では個性的なオプションカラーが用意される車種も目立つ。オプションカラーだからといっても、個性の強いボディカラーでは、逆に愛車の価値をダウンさせてしまうこともある。

 例えば、いまやリセールバリューが安定した高さを見せるアルファードであるが、それを享受できるのは、ホワイトパールクリスタルシャインと、スパークリングブラックパールクリスタルシャインのふたつのオプションカラーのみとなっている。そのほかの色は標準カラーとなるのだが、パール系を選ばないと下取りや買い取り査定額が大幅ダウンすることは、ある程度覚悟しておかなければならない。というよりは、パール系のほうがより価値がアップすると考えたほうがいいかもしれない。

アルファードのホワイトパール画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー