間違えて憶えてる人多数! クルマ好きでも曖昧な「誤用の多い」チューニング用語5つ

noteで書く
間違えて憶えてる人多数! クルマ好きでも曖昧な「誤用の多い」チューニング用語5つ

この記事をまとめると

  • クルマ好きでも間違えてしまいがちなクルマ用語がある
  • 例えば、ロールケージをロールゲージと呼ぶ
  • 正しい意味とその解説をしていこう

クルマ好きなら正しく覚えておきたい

 普段の生活では使わない難解な言葉が並ぶチューニング用語。ビギナーが勘違いしたり混乱するのは当たり前で、間違ったまま覚えてしまう中~上級者も多くいる。クルマ仲間との会話などで恥ずかしい思いをしないよう、とくに紛らわしい用語をいくつかピックアップしてみたい。

ロールケージとロールゲージ

 まずは万が一のクラッシュから身体を守るロールケージ。英語で表記すると「Roll Cage」であり、ケージは籠や檻のように囲まれた状態を指す。言葉の意味と形状を考えれば間違えようがないが、しばしば『ロールゲージ』と書いたり発音する人がいる。ゲージでは長さや重さを計測する機械になってしまい、まったく意味が伝わらなくなってしまうので要注意だ。

【関連記事】確かに国産ワゴン! だが確実にアメリカン! イジリ倒したクラウン&サニーのワゴンがクールすぎる【34th MOONEYES Street Car Nationals】

ロールケージ画像はこちら

オーバーフェンダーとブリスターフェンダー

 次はオーバーフェンダーとブリスターフェンダー。見た目はいずれも大きく張り出したフェンダーだが、オーバーフェンダーは純正のフェンダーに被せるパーツ、要するに後付けでボディ幅を広げるタイプと考えていい。オーバーフェンダー画像はこちら

 対してブリスターフェンダーの「ブリスター」は膨れ上がったという意味で、第2世代のスカイラインGT-RはGT-S系よりもフェンダーが膨らんでいる。つまり純正で採用されたブリスターフェンダーということだ。ブリスターフェンダー画像はこちら

フロントスポイラーとリップスポイラー

 続いてはフロントに装着するエアロパーツ。フロントバンパーであれば丸ごと交換するタイプと分かりやすいが、フロントスポイラーとリップスポイラーはどう区別するのだろう。同じようなパーツでもメーカーによって呼び方が違うだけともいえるが、あえて分けるならバンパーに被せて装着する製品がフロントスポイラー、バンパーの下に取り付けるのがリップスポイラーとするのが自然かもしれない。

 最近のクルマではあまり馴染みがないが、旧車では「チンスポイラー」という名称も。チンは下あごやあごの先を意味する単語であり、フロントバンパーの下部や先端に装着するため、上記の解釈ならリップスポイラーに近いと思われる。リップスポイラー画像はこちら

スタビライザー

 効果を含めて勘違いされがちなのはスタビライザー。サスペンションをスポーティに仕上げるのに欠かせないパーツなのは事実だが、スタビライザーを装着あるいは太くしても乗り心地は悪化しないし車高も下がらない。その仕組みと効果は左右のサスペンションを連結してロール量を抑えることだ。凹凸のない平坦な路面を走っている限り乗り心地に影響はなく、車高を下げずにロール量を減らし安定感を手に入れたい人にはうってつけだ。

スタビライザー画像はこちら

まだまだある間違いがちな用語

 最後はチューニングから離れてしまうが、ロールケージと似た間違いがちな用語を。よく見かけるのは「エアバッグ」が「エアバック」や「ハイブリッド」が「ハイブリット」になっていたり、メーカーや車種の固有名詞でいえば「ブリヂストン」を「ブリジストン」や「レガシー」が「レガシィ」なんて誤用も多い。

noteで書く

画像ギャラリー