いまや社外ナビは「AV機能」で選ぶ時代! 各社の特徴をまとめてプロが解説 (1/2ページ)

noteで書く
いまや社外ナビは「AV機能」で選ぶ時代! 各社の特徴をまとめてプロが解説

この記事をまとめると

  • AV性能で見比べるとカーナビ各社の持ち味はかなり異なる
  • 自分に合ったカーナビを見つけるため各社の特徴を知っておきたい
  • 4大カーナビブランドの最新AV性能を分かりやすく解説

快適なドライブのため、カーナビのAV性能もチェックしておこう

 今年のGWはもう終わりだが、レジャードライブに欠かせないのがカーナビ。AVナビは音楽で車内の快適性を高めてくれるため、AV性能もナビ選びにおいて重要な要素だ。AV機能を中心に各社の市販ナビを見てみると、それぞれの持ち味はかなり異なる。自分に合ったカーナビを見つけるためにも、各社の特徴を知っておきたい。

パナソニック:ブルーレイを見たいなら唯一の選択肢

 最新の「ストラーダ」は有機ELディスプレイを採用。地図データもフルHD画質に対応して、繊細かつリアルな表現になっている。加えて、最上位機種はブルーレイディスク(BD)の再生に対応。BDが見られるカーナビはこれが唯一なので、BDを見たい人は選択肢がこれしかない。フルモデルテェンジしたおかげで、操作スピードは向上。音質も大きく向上して、これなら満足できるレベルに仕上がっている。

【関連記事】確かに国産ワゴン! だが確実にアメリカン! イジリ倒したクラウン&サニーのワゴンがクールすぎる【34th MOONEYES Street Car Nationals】

パナソニック・ストラーダ CN-F1X10BHD画像はこちら

 唯一、弱点といえるのは他社の多機能モデルに比べて、サウンド調整機能が少ないことで、内蔵アンプでフロント・マルチアンプ化するといったマニアックな設定には非対応。代わりにプロの音響エンジニア集団、「ミキサーズ・ラボ」が監修した「音の匠」モードを搭載し、スピーカーが純正のままでも音を生き生きと蘇らせてくれる。

「音の匠」モード画像はこちら

カロッツェリア:豊富なネットワーク機能で多彩な楽しみ

 ナビ能力でもAV性能でも、他のモデルとは別次元を突き進んでいるのがカロッツェリアの最上位シリーズ、「サイバーナビ」だ。型番末尾に「DC」が付いたモデルはネットワークスティックを同梱。車内が通信量上限なしのWi-Fiスポットになる。HDMI入出力を備えているため、そこに「Amazon Fire TVスティック」を差し込めば「Fire TV」が見られるし、自宅のブルーレイレコーダーにオンラインでアクセスして、車内で録画コンテンツやBS番組をみることも可能。

 自宅にNASを組んでおけば、オンラインでハイレゾ音源の再生もできる。車内にメディアを持ち込まずに、映像からハイレゾまで多彩な音楽が楽しめるのだ。サウンド調整機能もハイレゾに対応してきめ細かいもの。

カロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912-DC画像はこちら

 弱点ではないが気になるのは、料金がかかること。1年目は通信料がかからないにしても、2年目からは通信料が発生するし、「Netflix」などのサブスクと契約すれば、それなりに料金がかかるので、結構な額になるかも!?

AVIC-CQ912-DCのサウンド調整機能画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー