最強の「仕事グルマ」は最良の「遊びクルマ」! 現行「ハイエース」がアウトドア好きに愛される5つの理由 (1/2ページ)

最強の「仕事グルマ」は最良の「遊びクルマ」! 現行「ハイエース」がアウトドア好きに愛される5つの理由

この記事をまとめると

  • 2004年から18年にわたり進化し続けている現行ハイエース
  • 仕事だけでなく、アウトドア用途やキャンピングカーのベースとしても人気
  • アウトドアのプロがその魅力を解説する

18年にわたり進化し続けている5代目ハイエース

 トヨタ・ハイエースはもちろん、働くクルマというのが基本だ。ラゲッジスペースの寸法に、9尺(最大荷室長)、5尺(荷室幅)、4尺(荷室高)といった表記があるのがその証拠である。建築に使われる板などは、いまだに3尺×9尺というようなサイズ表記になっているからだ。もちろん、仕事場に向かう際の多人数乗用車や、バンドなどの機材車としても重宝されている。

 だが、そんな5代目となる2004年に発売された現行ハイエースは(4代目は15年間作り続けられた)、そうした仕事現場だけでなく、カスタムはもちろんアウトドアやキャンプ、車中泊御用達車、そしてキャンピングカーのベース車両としても大活躍。キャンピングカーショーの会場で、多くのハイエースベースのキャンピングカーが展示されているのがその証拠である。

 いまではパノラミックビューモニター、パーキングサポートブレーキ、デジタルインナーミラーなど、安全・実用的な装備も充実。5代目の登場から18年たっても進化を絶やさない、プロの目にもかなうバン/ワゴンなのである。ここでは、ハイエースがアウトドア派にも愛され続けている理由を解き明かしたい。

その1:ミニバンの比ではない圧倒的キャパシティ

 まずは何と言っても、キャブオーバー型の商用車、乗用車ならではの室内、荷室交換の広さだ。長尺物の積載の目安になる最大荷室長は3000mm(2名乗車時)。アルファードが約1940mm(3列目席を格納して2列目席シート座面をチップアップして一番前までスライドさせた状態)なのだから、その差は歴然。さらに荷室幅は1545mm(ジャストロー/標準フロアはホイールハウスの出っ張りがあり最小幅1120mm)、荷室高が1320mm~。フロアが高いとはいえ、荷室高はLクラスミニバンのアルファードより高く、幅もアルファードの1330mmよりたっぷりあるのだから、アウトドアやキャンプの荷物の積載もミニバンの比ではないということだ(上記以外の寸法のグレードもあり)。

【関連記事】純正アクセサリーも豊富でまさに安ウマ! ホンダN-VANは外遊びにピッタリな1台だった

アウトドアグッズを大量に積める荷室画像はこちら

その2:ボディバリエーションの豊富さ

 ミニバンは、基本的にボディサイズや室内の広さが1種類。アルファードもしかり、である。だが、ハイエースはロングバン・標準ボディ・標準ルーフ、ロングバン・ワイドボディ・ミドルルーフ、ロングバン・標準ボディ・ハイルーフ、そして最大級のスーパーロングバン・ワイドボディ・ハイルーフの4種類のボディタイプが用意されている点にも注目だ。アウトドア派も家族構成やアウトドアの規模はさまざまであり、自身の用途に合わせたボディタイプが選べるのである。当然、キャンピングカーのベース車としても、装備の内容などに合わせた改造も自在ということになる。

 さらに乗車定員も1列のみの3名、1/2列を使った5/6名、3列9名などのバリエーションがある。座席を重視するのか、荷室空間を重視するのか、といった選択も可能となる。キャンピングカーのベース車両にしやすいのもそのあたりに理由があるわけだ。

ボディの長さ、幅、高さにより4種類画像はこちら

画像ギャラリー