備えすぎるぐらいがちょうどいい! 初サーキットでやらかさないための準備とは (2/2ページ)

事前にコースを予習しておくことで
走るときに余裕が生まれる

 最後は実際の走行について。事前にフラッグの意味やマナーとルールを再確認し、ゲームや動画で走るコースの予習をしておけば、当日の緊張というか戸惑いはだいぶ軽減されるはずだ。実際にコースインしたら最初の2~3周はポスト(旗が振られたり、場合によっては信号による掲示の場合あり)の位置を確認しつつ、クルマだけじゃなくドライバーの身体と気持ちも『ナラシ』をしておこう。

【関連記事】ホンダは日本の誇りだ! F1初優勝を飾った日の丸を背負った「地上を走る戦闘機RA272」とは

イエローフラッグ画像はこちら

 また初サーキットを終えた人からよく聞くのは、周囲に気を遣いすぎて楽しめなかったという話。確かに速いクルマを邪魔したら申し訳ないと、遠慮する気持ちは当然だし理解もできる。とはいえレースじゃない限りサーキットは「速い=偉い」ではなく、同じ料金を払って共有しているだけで過剰に譲ったりする必要はない。先にコーナーへ向けたアプローチを開始していれば、仮にタイムが遅かろうと優先権は自分にあるのだ。サーキット走行のレコードラインの譲り方画像はこちら

 クルマが不安定なコーナーで余計な操作をすればスピンしかねず、立ち上がりで少しアクセルを緩めて後方から迫ってくるペースの速いクルマを抜かせる方がよほど安全だ。何ごとも「準備が8割で実行は2割」というが、サーキット走行もまったく同じと心得てほしい。