安ウマとはまさにこのクルマのこと! アウトドア派のプチバン選びはソリオ一択と断言できるワケ (1/2ページ)

安ウマとはまさにこのクルマのこと! アウトドア派のプチバン選びはソリオ一択と断言できるワケ

この記事をまとめると

  • アウトドアにオススメな5ナンバーサイズのプチバン「スズキ・ソリオ」
  • 荷室性能はもちろん、リヤシートを倒せば仮眠スペースが用意できる
  • 運転性能も優れており、疲労が少ない

今新車で買えるプチバンは3台だけ

 クルマの運転が初心者でも安心して走ることができ、取り回しもよく、日常の使い勝手が良い。しかも室内が驚くほど広く、後席へ乗り降りがしやすく、大容量のラゲッジルームを備えた5ナンバーサイズのクルマ……。それもハイブリッドの新車で約185万円から買える……そんな虫のいいハナシ、あるわけないでしょ!? と思うのは間違いだ。

 そう、日本独自のコンパクトカーと言っていい、5ナンバーサイズの背高ボディに両側スライドドアを備えたプチバンがその条件のすべてを満たしたクルマなのだ。現在、プチバンはスズキ・ソリオとトヨタ・ルーミー(兄弟車のダイハツ版はトール)の3車種のみ。どれを選んでも日常使い、子育てカーとして大活躍してくれること間違いなしだ。

【関連記事】アウトドア派に人気の軽トラ荷台カスタムが進化! システムアップ可能な最新キャリアラックとは

トヨタ・ルーミー画像はこちら

 だが、使い方をアウトドアに限定すると、俄然、ソリオが優位になる。ここではその理由について、ソリオの試乗経験豊富で、アウトドアやロングドライブも数多くこなしてきた筆者の経験に基づいて説明したい。

荷室の積載能力が高い

 まずはアウトドアといえば荷物の積載性だ。ソリオのラゲッジルームは後席使用時で奥行き550~715mm(後席スライド位置による)、幅1030mm、最小天井高1020mmと全方向ともにたっぷりサイズ。後席をフラットに格納すれば、奥行きは1390mmに達するほどだ。

【関連記事】アウトドア派に人気の軽トラ荷台カスタムが進化! システムアップ可能な最新キャリアラックとは

スズキ・ソリオ画像はこちら

 何しろ、機内持ち込みサイズのキャリーケースを乗用定員分の5個収納できる容量なのである。アウトドアにあれもこれも持っていきたいアウトドア派には、うってつけではないか。さらに床下には機内持ち込みサイズのキャリーケース1個が入るサブトランクスペースまであり、アウトドアで汚れたモノを分けて積み込むのにも最適なのである。スズキ・ソリオ画像はこちら

リヤシートがテラス席に大変身

 筆者はプチバンの両側スライドドアが、どこでもドアならぬ、どこでもテラス席になると考えている。つまり、大自然のなか見晴らしのいい場所にソリオを止め、両側スライドドアを解放し、身長172cmの筆者であれば頭上に220mm、膝周りに最大400mmものスペースがあるフラットフロアの後席にゆったりと座り、前席背後両席にあるパーソナルテーブルを出せば、左右の景色まで見渡せる風通しのいい解放感たっぷりのテラス席になりうるのだ。スライドドアの開口幅、高さともにクラストップのソリオは、よりそうした使い方で威力を発揮してくれるというわけである。スズキ・ソリオ画像はこちら

 そして最大56度のリクライニングが可能な後席を倒せば、風が通る、気持ち良く読書や仮眠ができるベッドスペースに変身させられるのだ。フルフラットにはならないが、上半身をやや起こした状態なので、逆流性食道炎対策にもなる。また、助手席の下にあり、車外に持ち出すこともできる把手付きのシートアンダーボックスは、アウトドアで使うには深さが浅いながらも、籠やバケツ代わりにもなり、じつに便利に使えたりするのである。スズキ・ソリオ画像はこちら

画像ギャラリー