高齢者の乗り降りは想像以上に難しい! 本当にリヤシートの乗降性に優れたミニバンとは (1/2ページ)

高齢者の乗り降りは想像以上に難しい! 本当にリヤシートの乗降性に優れたミニバンとは

シートの硬さも重要だった!

 足腰の弱った高齢者を後席に乗せるのに適したクルマを考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが両側スライドドアを備えたミニバン、プチバンではないだろうか。日本は世界でも稀にみるミニバン・プチバン天国で、数多くの車種が揃っている。だが、ミニバンならすべて足腰の弱った高齢者を後席に乗せやすいか? と言えば、じつはそうでもない。

 ミニバン・プチバンの両側スライドドア部分をじっくり観察してほしい。理想は、スライドドア開口部のステップが低くてフロアへの段差がない、いわゆるワンステップフロアで掃き出しフロアを備えていること。その好例が(というかほとんどだが)、いま新車で買える車種に絞れば、トヨタ・ノア&ヴォクシー、シエンタ、ホンダ・ステップワゴン、フリード(在庫があればオデッセイ)などだ。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

ワンステップフロアのミニバン画像はこちら

2ステップのクルマは足腰の弱った高齢者に最適とは言い難い

 あれれ、大人気のトヨタ・アルファード、日産セレナ、アウトドア派にも人気の三菱デリカD:5が入っていないじゃない? と思うかもしれない。トヨタ・ノア&ヴォクシー、シエンタ、ホンダ・ステップワゴン、フリード(在庫があればオデッセイ)あたりはスライドドア開口部のステップ地上高が360~390mmとごく低いものの、上記のアルファードといったミニバンはステップとフロアが2段構えになっている(つまりフロアが高い)。例えばセレナの場合、ステップ地上高は1段目390mm、フロアはそこから70mm高い地上460mmの高さになってしまうのだ。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

トヨタ・アルファード画像はこちら

 つまり、ノア&ヴォクシーが階段1段上がるような乗車性とすれば、セレナは階段を2段上がる乗車性となる。もちろん降車の際も、フロアに対して地面が遠いことになり、足腰の弱った高齢者に最適とは言い難いのである。ワンステップか2ステップか? 足腰の弱った高齢者にどちらが適しているかは明白だろう。日産セレナのフロア画像はこちら

 余談だが、ミニバン、プチバンの2列目席は前後(左右も)スライドが可能だ。健常者であれば、後端位置にセットして、広大な膝周り空間による寛ぎ感を堪能できるのがメリットと言える。だが、足腰が弱った高齢者を乗せる場合は、後席スライド最後端位置は避けたほうが良い。スズキ・ソリオ画像はこちら

 というのは、乗り込んでから体、腰、足の移動量が増え、サッと座れないからである。対象者と相談して、スライドドアから乗り込んだあと、もっともスムースに腰を下ろせるシートスライド位置を決め、その位置で乗り降りしてもらうのがベストである。ワンステップのプチバン画像はこちら