クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 高齢者がいるから「乗り降り楽チン」なクルマがいい! 100万円以下の乗降性抜群な中古「ミニバン&プチバン」
CAR
share:

高齢者がいるから「乗り降り楽チン」なクルマがいい! 100万円以下の乗降性抜群な中古「ミニバン&プチバン」

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: Auto Messe Web編集部

2012年以降のモデルを紹介

 2022年はミニバンブーム再燃必至の1年になるはずだが、後席の乗り降りが「楽ちん」なミニバンを探していても、最近のミニバンは高い! とお嘆きの諸氏に、ちょい古目の100万円以下で手に入る、オススメのミニバン&プチバンを紹介したい。なお、しばらく乗り続けられるように、古すぎない10年前の2012年以降のモデルに絞ってみた。

マツダMPV(3代目)

 乗り降り楽ちんなだけでなく、走っても良し。しかも、長距離も疲れないスタイリッシュミニバンの1台が「スポーツカーの発想で、ミニバンを変える」がキャッチコピーだった、2006~2016年まで製造された3代目マツダMPV。マツダMPV(3代目)

 大開口両側スライドドアを備え、2列目席へはもちろん、3列目席の乗降も無理がない。2列目席はスーパーリラックスシートが採用され、前後、左右のスライドが可能。2.3Lエンジンによる走行性能は当時、専門家からの評価も高かった。100万円以下でも2012~2013年型が狙える、オススメの1台だ。マツダMPV(3代目)

マツダ・ビアンテ

 今ではマツダはミニバンを作っていないが、2000年代にはマツダもミニバン王国だった。ビアンテはMPVとプレマシーの中間に位置する、プレマシーベースのボックス型ミニバン。全高が1835mmもあるため(MPVは1685mm)、両側スライドドアの開口部も高く、乗り降りは楽々なのだ。マツダ・ビアンテ

 そしてプレマシー譲りの走りの良さが手に入るのだから、言うことなし……のはずだったが、クセのあるフロントデザインのせいか、人気はいまひとつ。だが、中古車の流通量は比較的多く、また程度のいいクルマも少なくない。100万円の予算があるなら、2012年以降の比較的新しい中古車が、余裕で手に入るはずだ。マツダ・ビアンテ

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS