安ウマとはまさにこのクルマのこと! アウトドア派のプチバン選びはソリオ一択と断言できるワケ (2/2ページ)

ロングドライブでも苦にならない走行性能

 そうしたソリオのアウトドア適性のいくつかは、ライバルと似たり寄ったりかもしれないが、「アウトドアでプチバンに乗るならソリオ一択」と決定づけるさらなる理由が、走行性能にある。つまり、アウトドアに出かけるには、一般的に高速道路などを利用した遠出になるはずだ。

【関連記事】「スターキャンプ」が3年ぶりに開催! 三菱車オーナー以外も楽しめる1泊2日の大人気アウトドアイベントとは

スズキ・ソリオ画像はこちら

 そんなロングドライブでの走行性能で、ソリオの乗り心地の良さ、車内の静かさが際立つのである。ソリオのエンジンがライバルの3気筒と違って4気筒であることもそうだが、防音や遮音のレベルも、100万円台から買えるプチバンとしては想像以上にハイレベルなのだ。スズキ・ソリオ画像はこちら

 実際、ソリオのマイルドハイブリッドで東京から房総半島一周、那須高原、軽井沢へのドライブを経験しているが、乗り心地の良さや静かさに加え、シートのかけ心地や直進安定性に満足できることもあって、運転にかかわるストレスはいつも最小限。スズキ・ソリオ画像はこちら

 そもそもアウトドアフィールドに着く前に運転疲れしてしまったら、アウトドアライフを元気ハツラツに楽しめないではないか。ソリオはそうした、「乗員が疲れずに目的地に着ける」というアウトドア適性さえ備えているということだ。

 点数を付けるとしたら、ライバルを凌ぐ90点。マイナス10点の理由のうちのひとつはボディカラーだ。スペーシアやクロスビー、ジムニーにあるような、自然のなかに溶け込むアースカラー系のボディカラーがないのが、アウトドア適性としてちょっと不足している部分だと考えている。個人的にはスズキのほかのクルマに塗られているシフォンアイボリーやオフブルーなども選べると嬉しい限りだ。