新車じゃ買えないド級マシンが中古ならイケる! 300万円で買える高性能輸入車6選とそうはいっても存在するリスク (1/2ページ)

新車じゃ買えないド級マシンが中古ならイケる! 300万円で買える高性能輸入車6選とそうはいっても存在するリスク

故障リスクは否定できないけれど……
それでも手に入れたい高性能輸入車6選

 中古車の購入は新車とは違い、多かれ少なかれリスクはある。それも輸入車でさらに高性能車となると、購入の際には注意が必要だ。ただし例外として、前オーナーをよく知っている場合や、信頼できるショップ、輸入車の達人が一緒にクルマ探しをしてくれるのであれば話は別だが、それでもリスクゼロというワケにはいかない。とは言え、憧れのクルマがこんな価格で! という夢を見るのは誰にでも楽しいものだ。そこで300万円の予算で程度が良く、しかも高性能モデルを買えたらハッピー! そんな中古市場で狙い目のリーズナブルな輸入ハイパフォーマンスカーを紹介したい。

ポルシェのミッドシップオープンがMTで楽しめる!

「ポルシェ・ボクスター/986型」

 まず最初は、986型の初代ポルシェ・ボクスター。1996年に発売されたオープンカーのボクスターは、ポルシェが経営に問題を抱えていたこともあって996型911と多くの部品を共通化し、ミッドシップの2シーターとして登場した。ポルシェのFRモデルである968の後継モデルとういう立ち位置ではあるが、ミッドシップでオープンの走りはやはり魅力が満載。

【関連記事】「カウンタック」が過疎化を食い止める!? 子どもたちにクルマ文化をアピールする埼玉県・皆野町の試みとは

初代ボクスターの走り画像はこちら

 そんな初代ボクスターは、予算300万円なら比較的上質なモデルが手に入る。過走行車でティプトロ(AT)だったら100万円以下の個体も見つかるが、さすがにリスクが高く、購入したあとに費用がかさむことだろう。ただし予算300万円を見ておけば、ボクスターSのMTでしかも走行距離も5〜8万キロ程度の個体が選び放題だ。初代ボクスターのリヤスタイル画像はこちら

スポーティな走りが自慢のポルシェ入魂の高級サルーン

「ポルシェ・パナメーラ/970型」

 初代ボクスターと同様に初代パナメーラ(970型)もお買い得だ。2009年にデビューしたパナメーラは、ポルシェとして素晴らしい性能を誇りながら、スタイリングも魅力的な5ドアのファストバックセダンである。だが、人気がイマイチなのは同門のカイエンやマカンといったSUV勢に押されているのも、理由のひとつと言えるだろう。初代パナメーラのフロントスタイル画像はこちら

 とはいえ911やSUV勢に対してややマイナーな存在というだけであって、中古車市場には300万円以下のモデルが多くはないが存在する。もちろん走行距離10万キロオーバーの個体が中心となるが、購入したクルマのコンディション次第では、最初にしっかりメンテナンスしておきたい。ポルシェは輸入車のなかでも正規ディーラーの整備金額がトップクラスと言われるだけに、コストを少しでも抑えたいのなら整備は歴史と実績がある専門店にお願いする方が良いだろう。初代パナメーラのリヤスタイル画像はこちら

アメ車らしいHEMIエンジンの鬼トルクを体感できる!

「初代&2代目クライスラー300C SRT8 HEMI」

 隠れた注目モデルがクライスラーの300C SRT8 HEMIだ。初代モデルは、2004年にダイムラーとクライスラーの合併時代に登場。メルセデス・ベンツEクラス(W210型)をベースにした300C(アメリカ名は300)は、ドイツ車ベースのアメ車という異色の存在であった。そこに伝統の半球型燃焼室をもつヘミヘッドの6.1L V8エンジン(最高出力431ps/最大トルク58.0kg-m)+5速ATを搭載し、最新のドイツシャーシとの組み合わせはオールドファンを喜ばせた。初代クライスラー300C SRT8の走り画像はこちら

 初代モデルは、2004年デビューゆえに100万円〜150万円程度の個体もあるが、2011年にデビューした現行モデルの300 SRT8でも300万円以下で狙うことができる。つまり激安モデルを買ってコツコツ直しながら乗るのもいいし、300万円の予算で程度の良いモデルを見つけるのもアリだ。日本ではアメ車の4ドアセダンは不人気なので、意外な掘り出し物が見つけられるかもしれない。もちろん4速ATとなるが3.5L V6モデルもお買い得だ。2代目クライスラー300 SRT8のフロントスタイル画像はこちら