残存する「デロリアン」はタイムマシン仕様が多い!? 新型登場で再び脚光を浴びている「DMC-12」とは (1/2ページ)

残存する「デロリアン」はタイムマシン仕様が多い!? 新型登場で再び脚光を浴びている「DMC-12」とは

この記事をまとめると

  • 1981年に登場したDMC-12
  • 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したことで一躍話題に
  • エンジンはルノー製V6だった

ボディデザインはイタルデザインが担当

 先ごろ、オリジナルモデルから約40年の時を経てデロリアンの復活がアナウンスされ、2022年8月下旬にアメリカのペブルビーチで開催されるコンクール・デレガンスで発表されると報じられて大きな話題となりました。新型デロリアンも気になるところですが、今回は80年代に話題となったオリジナルのデロリアンを振り返ります。

【関連記事】1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは

バック・トゥ・ザ・フューチャーの欠かせない存在

 今回の主人公は、デロリアンDMC-12と呼ばれるスポーツカーですが、デロリアンというのはメーカー名で、車名はDMC-12。もっともDMCはデロリアン・モーター・カンパニーという社名の略称で、12と言うのは当初の発売価格1万2000ドルに由来するものとされています。ちなみに、デロリアンという会社名は当時、理想のクルマを造ろうとゼネラルモーターズ(GM)の副社長を辞して独立、DMCを立ち上げたジョン・デロリアンさんの名に因んだものでした。

 それはともかく、DMC-12は1981年から2年間で約9000台ほどが生産されています。これを多いとみるか少ないとみるかは意見の分かれるところですが、DMC-12が、その生産台数からすればはるかに大きな話題を呼んでいたのは事実です。

 というのも80年代後半に大ヒット作となった映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作で登場。主人公である高校生、マーティ・マクフライの歳の離れた親友で科学者のエメット・ブラウン博士が完成させるタイムマシンのベースとなったのが、スポーツカーのDMC-12だったのです。

【関連記事】1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは

DMC-12画像はこちら

 このように、ある意味もうひとり(もう1台)の主人公として登場、活躍するのですが、85年に公開された第1作目は、3億8110万ドルの収益を上げ、同年の世界最高となる興行収入を記録する大ヒットとなりました。そして89年に第2作、90年に第3作が製作され「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、3部作として完成しています。そして大ヒット作の劇中車となったDMC-12も一躍有名になったのです。

 こうした経緯があるためにデロリアンDMC-12は、クルマ好きに限らず、いやクルマ好きのコアなファンよりもずっと多くの人々に知られる存在となりました。いくつもの自動車博物館を訪ねて、数多くの個体と出会ってきましたが、半数以上はクルマとしてのDMC-12ではなく、タイムマシンに改造されたムービーカー(とそのレプリカ)として展示されています。

 そして「どこどこの博物館に展示されているものが、より本物(のムービーカー)に近い」と、クルマとしての評価とは別の指標で語られることも少なくありませんでした。筆者にとって映画といえば邦画、それも高倉 健さんのファンで、洋画にはあまり興味がなかったものですから、ムービーカー(をまねた個体)に改造されたDMC-12を見るたびに哀しい想いを禁じえなかったのですが、あるとき気が付きました。

 ごくごく少数のクルマ好きには注目されていなくても、その数倍、数十倍、もしかしたら数百倍のファンに見つめられているのなら、それはそれで幸せだったんじゃないか、と思うようになっていったのです。

画像ギャラリー