「軽カー」でアウトドアは十分楽しめる! プロが伝授するオススメ軽自動車の選び方と推薦車種とは (1/2ページ)

「軽カー」でアウトドアは十分楽しめる! プロが伝授するオススメ軽自動車の選び方と推薦車種とは

この記事をまとめると

  • アウトドア=大きなクルマが良いというわけではない
  • じつは軽自動車でもおすすめのモデルがある
  • 最近は商用車もオススメ

ラゲッジの広いモデルがじつは多い!

 アウトドア・キャンプに乗っていくクルマと言えば、SUVや三菱デリカD:5のような“ミニバンの皮を被った”SUVが定番だ。しかし、イマドキは軽自動車でもアウトドア、キャンプを楽しめる時代だ。いや、軽自動車のなかには荷物の積載力、車中泊仕様へのしやすさに優れるモデルが多数ある。そしてもちろん、アウトドアはキャンプ道具でお金がかかって大変……という人にとっての経済性(車両価格、維持費)も大きな魅力となる。

 とはいえ、どんな軽自動車でもアウトドア、キャンプを楽しみ尽くせるわけではない。やはり、荷物の積載性や車内のフラットアレンジ性(仮眠、車中泊、車内のお座敷化の容易性)、さらにクルマのキャラクターがアウトドア、キャンプに似合うか、ハマるかも重要だろう。

 例えば、ダイハツ・ミライースや日産サクラといったエコスペシャル軽、ミニアリアを思わせる上質感たっぷりの電気自動車では、アウトドアを楽しみ尽くすには役不足感は拭えない。

アウトドアにはクロスオーバーモデルがピッタリ

 では、どんな軽自動車がアウトドア、キャンプフィールドに似合うのか? まずはスズキ・スペーシアギア、ハスラー、三菱eKクロス&eKクロススペース、ダイハツ・タフト、ウェイクといったクロスオーバーモデルが、クルマのキャラクター的にもっともぴったりではないか。

4WDモデルなら安心だがFFでも問題なし

 たとえばスペーシアギアは最低地上高ことノーマルのスペーシアと変わらない。だが、日本のアウトドア、キャンプフィールドで、走破性に特化したクロカンじゃなければたどり着けないような場所はまずない。

 FFでも多くの場合、まったく問題ないのである(特殊な路面、超悪天候時は除く)。もちろん、備えあれば患いなしで、上記のクロスオーバーモデルの4WDを選んでおけばより安心ではある。ここだけの話、今時の軽自動車は、4WDだと乗り心地が途端に悪くなる、なんていう過去の一部の常識はもはやなく、むしろ4WDのほうが重量増などからよりマイルドで好感の持てる乗り心地となっているクルマもあるのだ。

【関連記事】日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

スズキ・スペーシア画像はこちら

ルーフレールがあれば快適なサイトづくりが可能

 そしてアウトドア、キャンプと言えば、より快適なアウトドア・キャンプ環境を作り出すためにクルマの横にタープを張る機会もあるはずだが、そんなときには、例えばeKクロス、eKクロススペースに装備されるようなルーフレールが威力を発揮。三菱eKクロス画像はこちら

 その際、リヤドアはヒンジ式よりスライドドアのほうが、車内とタープの下のスペースの一体感が出て、より使いやすく快適なタープスペースを確保できたりするのである。標準装備、オプションを含め、ルーフレールの有無は、ぜひ確認したいところである。

画像ギャラリー