クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • アウトドアガチ勢も納得のギア感! プロがすすめる本気で使えるSUV5選
OUTDOOR
share:

アウトドアガチ勢も納得のギア感! プロがすすめる本気で使えるSUV5選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉(AOYAMA Naoki)  PHOTO: トヨタ自動車/Auto Messe Web編集部

  • アドベンチャー・オフロードパッケージ
  • オールテレーンタイヤ

アウトドアフィールに持ち込んでも映える5台を紹介

 本気なアウトドア派にとって、アウトドアギア選びと同じぐらい重要なのが、アウトドアに乗っていくクルマ選びではないだろうか。アウトドアギアへのこだわりを損ねない、本気のクルマ選びである。ただし、予算無限とはいかないだろうから、今回は600万円以下の予算、そしてなにより、走破性とラゲッジ性能に優れたSUVという視点で考えてみた。

トヨタRAV4アドベンチャー・オフロードパッケージ

 まず、国産車部門である。まずはトヨタRAV4、それもHVやPHVではなく、純ガソリン車のアドベンチャー・オフロードパッケージだ。アドベンチャー・オフロードパッケージ

 そもそも既存のアドベンチャーグレードでさえ、世界初のダイナミックトルクベクタリングAWDを採用。RAV4としてオフロード性能を飛躍的に高めているのだが、オフロードパッケージでは最低地上高をさらに10mm高め、オールテレインタイヤを装着。オフロード性能に特化したRAV4なのである。オールテレーンタイヤ

 しかも、パッケージの基本は後席よりラゲッジ重視。アウトドアライフに寄り添った荷物の積載を重視しているのだ。オフロードパッケージの”本気”な雰囲気も、本格アウトドア派にぴったりである。(写真はベース車のアドベンチャー)

スバル・レガシィアウトバック

 SUVだらけのアウトドアフィードで以外に目立つのが、スバルのレガシィアウトバックではないだろうか。ワゴンタイプの車高を上げ、最低地上高213mmを確保し、スバルならではのXモードによって悪路走行も得意中の得意だ。

 ハンズフリー走行も限定下で行えるアイサイトXを標準装備するあたりも、アウトドアフィードへのロングドライブで有効だ。しかも、ラゲッジの使い勝手にかかわる奥行きはフォレスターの910mmに対して1070mmとより広大。ラゲッジの開口部地上高もフォレスターより低く、アウトドアギアの重い荷物の出し入れも楽々なのである。スバル・レガシィアウトバック

スズキ・ハスラー

 軽自動車ではどうか。アウトドアテイストのある車種としてはスズキ・ジムニー、ダイハツ・タフト、スズキ・ハスラー、三菱eKクロス、スズキ・スペーシアギアなどがある。なかには標準車と最低地上高が変わらない”なんちゃって”クロスオーバーもある。

 そのなかで本気度がもっとも高く、走破性とラゲッジの使い勝手のバランスに優れているのが、意外かもしれないが、遊び心にタフさが加わったスズキ・ハスラーの4WDだ。スズキ・ハスラー

 最低地上高180mm、アプローチアングル29度、デパーチャーアングル50度を確保するとともに、乗り心地にもより優れた4WDはスノーモード、グリップコントロール、ヒルディセントコントロールまで装備。見た目の楽しい雰囲気とは裏腹に、走破性はかなり本格的なのである。スズキ・ハスラー

 ラゲッジは軽自動車だけに後席使用時は奥行き280~445mm(後席スライド位置による)でしかないが、2~3名乗車であれば最大奥行1360mmまで拡大可能。スズキ・ハスラー

 アウトドアアイテムの積載性も十分になるはずだ。ハイブリッドターボなら高速走行も楽々快適。山道の安定感も抜群で、ロングドライブも疲れにくい。スズキ・ハスラー

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS