アウトドア=大型クロカン四駆は思い込み! 新車が予算200万円で買える「十分すぎる」アウトドアカー6選 (1/2ページ)

noteで書く
アウトドア=大型クロカン四駆は思い込み! 新車が予算200万円で買える「十分すぎる」アウトドアカー6選

この記事をまとめると

  • アウトドア=大きなSUVやミニバンがベストというわけではない
  • コンパクトでもラゲッジ容量が広いクルマがある
  • オススメの6台を紹介

重い荷物もらくらく載せられるクルマを紹介

 アウトドアで活躍してくれるクルマは、なにも大きく高価なSUVやミニバンだけではない。予算200万円前後の国産新車でも、アウトドアで際立つ機能を持ったクルマが少なくないのである。

トヨタ・シエンタFUNBASE

 その筆頭が、意外かも知れないが、トヨタの5ナンバーサイズのコンパクトミニバン、シエンタの2列シートモデルとなるシエンタFUNBASEだ。

【関連記事】やっぱりアウトドアは4WDが安心! 200万円前後で新車が狙える「本格ヨンク」3選

トヨタ・シエンタFUNBASE画像はこちら

 今回の予算では、さすがにハイブリットは選べないが、1.5Lのガソリン車のGグレードなら206万6000円だ。そのアースカラー系のベージュのボディカラーを選べば、アウトドアにばっちり映えること間違いなし(以前はグランパーというアウトドア仕様車があったが、現在はなし)。

 機能的にはやはりこのクラスの基準を超えた大容量ラゲッジルームがポイント。ラゲッジルームの開口部地上高はローデッキで530mmと素晴らしく低く、重いアウトドアグッズの出し入れも楽々(ハイデッキでは610mm)。トヨタ・シエンタFUNBASE画像はこちら

 フロアは奥行き935mm、幅1060mm、天井高930~1100mmとたっぷり。さらに床下収納もあるから便利だ。後席を簡単操作で倒せばフロア奥行きは1620mmに達する。とにかく想像以上に荷物が積める機能性が特徴のアウトドアカーと言っていい。ちなみに同種のライバルのホンダ・フリード+は218万2400円からと、少し高い……。

スズキ・クロスビー

 SUVテイスト、アウトドア感の強さなら、スズキ・クロスビーがある。いわゆるデカ・ハスラーで、価格はマイルドハイブリッドの2WDのHYBRID MZグレードで206万2500円。スズキ・クロスビー画像はこちら

 いかにもSUVな内外装デザイン、タフな下半身、最低地上高180mmによる走破性の高さ、そして遊び心あるインテリア、防汚タイプのラゲッジフロアなど、アウトドアでガンガン使える実用性、機能満載だ。スズキ・クロスビー画像はこちら

 さらにラゲッジフロア下が取り外し&水洗い可能なアンダーボックスになっているのがミソ。筆者は車外に出して川の冷たい水を入れ、飲み物を冷やしたこともある。運転感覚はちょっと古さを感じさせるものの、アウトドアギアとしてなかなか使える1台だ。スズキ・クロスビー画像はこちら

トヨタ・カローラクロス

 トヨタのコンパクトSUVも200万円前後で選択可。例えば、上級のカローラクロス。ガソリンのエントリーグレードG”X” 2WDなら199万9000円である。その走りっぷりはライズとは別モノで、より上質で快適。トヨタ・カローラクロス画像はこちら

 ラゲッジルームにしても、開口部地上高は730mmと高めで、開口部に150mmの段差があるのが、重いアウトドアグッズの出し入れ性では難点となる。しかし、フロア奥行き830mm、フロア幅1120mm、最低天井高840mmと十二分な広さと容量がある。エントリーグレードでもACCを含むトヨタセーフティセンス、電子パーキングブレーキ、オートブレーキホールドなどが付くから、ロングドライブも楽々安心だ。トヨタ・カローラクロス画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー