アウトドアガチ勢も納得のギア感! プロがすすめる本気で使えるSUV5選 (2/2ページ)

ダイハツ・タフト

 アウトドアに似合うエクステリアデザインを持つ軽自動車としては、ほかにダイハツ・タフトがある。最低地上高は190mmと余裕があり、4WDならFFに比べ、走破性だけでなく乗り心地も良い(ただし、ハスラーほどではない)。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ダイハツ・タフト画像はこちら

 スカイフィールトップ=ガラスルーフによる「青空標準装備」の室内の解放感、眺めもアウトドアにぴったりだ。ラゲッジ自体の広さはそれほどでもないが、床下に深さ140mm、奥行き330mm、幅870mmのサブトランクが備わり、2層でアウトドアグッズを積み込めるから便利だ。走行性能や快適性ではハスラーに敵わないが、見た目のハードさではこちらが上まわる。ダイハツ・タフト画像はこちら

ランドローバー・ディフェンダー

 最後は輸入車である。600万円以下で走破性とラゲッジの使い勝手を高次元で両立させているのは、アウトドアでの本気度150%のランドローバー・ディフェンダーだろう。ジープ・ラングラーにも惹かれるが、こちらは700万円オーバーだ。ランドローバー・ディフェンダー画像はこちら

 走破性のすごさは折り紙つきで、内外装の本物感、高級感はなるほどランドローバー一族ならでは。最低地上高216mm、アプローチアングル30.0度、デパーチャーアングル37.9度、ブレイクオーバーアングル25度、最大渡河水深850mm(いずれもコイルサスペンション)と、もう無敵な走破性を誇る。ランドローバー・ディフェンダー画像はこちら

 アウトドアフィードで目立ち、他車を圧倒できる存在感を手に入れることができるだろう(あくまで600万円以下で……)。後席使用時のラゲッジは297Lと、奥行はそれほどではないが、後席を倒せば一気にラゲッジ容量は1563Lまで拡大するから、2名乗車であれば走破性とラゲッジの使い勝手のバランスもなかなかと断言できる。ランドローバー・ディフェンダー