【潜入調査】250台以上!! 「ランチア」「アバルト」「フィアット」のマニア垂涎マシンやコンセプトカーが集結! 夢のFCAヘリテージ ハブとは (1/2ページ)

【潜入調査】250台以上!! 「ランチア」「アバルト」「フィアット」のマニア垂涎マシンやコンセプトカーが集結! 夢のFCAヘリテージ ハブとは

広大なスペースに250台を超えるクルマが展示

 新型コロナウイルス感染症がひと段落していた6月上旬、ヴェルナスカ・シルバーフラッグの取材でイタリアに出かけた際、モデナとトリノ、そしてミラノで博物館を巡ってきました。2019年でサーキットでの取材に区切りをつけ、その分、海外の博物館に出かけようと考えていたのですが、折悪く新型コロナの感染拡大が酷くなってしまい、2020年と2021年は海外への渡航もままならず、3年ぶりの海外博物館巡りとなりました。

 イタリアといえば世界的にも屈指となる長い歴史を誇る、トリノにあるイタリア国立自動車博物館が思い浮かびます。ですが今回は、イタリアでもっとも新しい自動車博物館、FCAヘリテージ・ハブを紹介することにしましょう。

フィアット・ランチア・アバルトの名車が勢揃い

 かつて、フランスの大メーカーであるルノーを例に「フランスにはルノーがあるが、イタリアにはフィアットがある」とまで言われた一大コングロマットとして、イタリアの経済をけん引してきたフィアットは、クルマ関連でもゴッドファーザー的な存在として君臨。

 イタリアのカーメーカーではドイツのアウディ傘下でVWグループに加入しているランボルギーニと、一度はフィアット傘下となりながらも2016年にグループから分離独立したフェラーリ以外は、すべてがフィアット傘下に身を置いています。

 そしてグループから分離独立したフェラーリも、フィアット/FCAの大株主であるアニエッリ家が経営に影響力を持ち続けているため、FCA軍団の一員とみても間違いないでしょう。そんなフィアットは、全ブランドを1カ所に集めた企業博物館をオープンすることを目標にしていました。

FCAヘリテージHUBに潜入してみた
画像はこちら FCAヘリテージHUB

 ただし、ミラノ近郊のアレーゼに本社を構えるアルファ ロメオや、モデナに本社を構えるフェラーリは、それぞれ本社に隣接して企業博物館をオープンしていました。マセラティに関してもプライベート博物館ながら、内容的にはマセラティの企業博物館と呼べるほどの内容を持ったウンベルト・パニーニ博物館がモデナ市内に開設されていて、それらをすべてトリノに呼び寄せるのは難しい状況です。

 そこでフィアットは自らが過去に生み出したモデルに加えて、彼らと同じくトリノで産声を上げたメーカーのランチアとアバルトが生み出したモデルも集めた企業博物館……というよりも記念収蔵庫を整備することになりました。

 そして2019年の春に、フィアットのミラフィオリ工場の一角を整備してFCAヘリテージ・ハブが開設されたのです。博物館でもなければ記念収蔵庫でもなく、FCAヘリテージ・ハブと名付けられたのには理由があり、一般公開されていない(そのための準備は進められているとも聞こえています)のも理由のひとつですが何よりも、ヒストリックカーやクルマそのもののファンが集う拠点(ハブ)にしたい、との想いからでした。