日産「キャラバン」に上質な「オーテック」が登場! 働くクルマにワークスコンプリートが設定された理由とは (1/2ページ)

日産「キャラバン」に上質な「オーテック」が登場! 働くクルマにワークスコンプリートが設定された理由とは

スポーツ&プレミアムをうたうオーテックになぜキャラバン?

 2022年7月7日に日産キャラバンの最上級モデルとして追加された「オーテック」。スポーツ&プレミアムをうたうワークス系コンプリートカーになぜ商用車が用意されるのか。それは国内ワンボックスバンのシェアを争うトヨタ・ハイエースとキャラバンのマーケット事情にある。

ライバルのハイエースは法人のみならず個人からも支持される

 現行車のデビューはハイエースの2004年に対して、キャラバンは2012年。当然、ハイエースを研究して後出ししたにもかかわらず、販売台数の割合は発売当初から3対1~4対1とハイエースが圧勝している。もちろん、その状況に日産陣営も手をこまねいているわけではなく、最近でいえば2021年10月にATをハイエースより1段多い7速化し、2022年3月には最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載するなど、積極的にテコ入れを図っている。にもかかわらず、その差は縮まっていないのだ。

【関連記事】クルマから「キーキー」「バキバキ」「シャラシャラ」音が聞こえたらタダモノではない証! チューニングカー特有のサウンドとは

新ディーゼルエンジンを搭載したキャラバン画像はこちら

 ルックスの好みや販社の数はさておき、パッケージは同等、動力性能や各部の質感は今となってはキャラバンが上回っているにもかかわらず、ハイエースの方が売れ続ける理由はどこにあるのか? それは下取りの高さもあるが、一番はパーソナルユーザー比率の高さではないだろうか。

打倒ハイエースの次なる一手がプレミアム路線のコンプリートカー

 これはコロナ禍の影響で、広大な空間を趣味の部屋として活用するホビーカーとしての需要が増えていることが大きい。となると車齢の長く、販売台数も多いハイエースのほうがアフターパーツも豊富で、オンリーワンなカスタマイズが楽しめる環境が整っている。その結果、ドライバーズカーとしてどちらを選ぶかは明白であり、それが販売台数にも多大なる影響を与えているのだろう。

 日産もパーソナルユーザーの獲得が販売台数アップにつながることは理解しているようで、2021年のマイナーチェンジでは廉価版のDXを一部廃止するとともに、先進装備や快適装備を充実。さらにグランドプレミアムGXとEXという上級グレードを追加している。そして、次なる一手がハイエースにはないコンプリートカー「キャラバンオーテック」のラインアップというワケなのだ。