発表間近!! ホンダ新型「ZR-V」開発者の言葉から読み解く「新たなパッケージング」とは (1/2ページ)

発表間近!! ホンダ新型「ZR-V」開発者の言葉から読み解く「新たなパッケージング」とは

今秋発売のホンダ謹製ミドルサイズSUVの実力を大予想

 いまや世界の乗用車のメインストリームとなりつつあるのがSUVやクロスオーバーモデルだ。かつてミニバンで溢れていた街中、そして国内のレジャー&ショッピングモールの駐車場を見ればわかるように、日本におけるクルマの人気車種もまたSUV&クロスオーバーモデルに移行していることは明白だ。

 セダンやステーションワゴンと比べて着座位置が高く、解放感がある見晴らすような運転感覚、乗車感覚が得られるため、運転のしやすさはもちろん、ミニバン愛用者の次の選択肢としてもぴったりだ。個人的な意見を述べさせてもらえば、災害・地震大国の日本では最低地上高に余裕があり、走破性にも優れるSUVやクロスオーバーモデルはひとつの安心でもある。

サイズ感はヴェゼルとCR-Vの中間的な存在

 そんななか2022年秋にホンダから新型SUVが登場する。それがZR-Vだ。すでに北米と中国の各市場ではその姿が公開されており、日本では懐かしいHR-Vのネーミングを北米仕様に、中国仕様は日本と同じZR-Vの名が与えられている。つまり仕向地によってネーミングが異なるわけだ。

 日本仕様のZR-Vのボディサイズは、北米仕様のHR-Vに対してほぼ同サイズかわずかに大きくなることが予想され、いずれにしてもヴェゼルとCR-Vの中間サイズとなる全長4580mm×全幅1800mm×全高1630mm(※予想値)、ホイールベースは2735mm(※予想値)となるようだ。この2735mmの数値に「ピン」ときた方は鋭い。そう最新のシビックと同じであり、つまり走りに定評あるシビックのプラットフォームを使っていると思われる。車格的にはトヨタRAV4やマツダCX-5と同じと考えて間違いないだろう。パワーユニットは新開発された2Lエンジン+2モーターのスポーツe:HEVと1.5Lターボのガソリンが用意され、駆動方式はFFと4WDが揃う。

【関連記事】英国のクルマとファッションがEVでコラボ!「MINI×Paul Smith in東京」開催

ホンダHR-Vのサイドシルエット画像はこちらCR-Vでは大き過ぎるという日本市場のニーズに応えたZR-V

 ZR-Vの開発責任者の小野修一さんのインタビュー記事(ホンダ公式ウェブサイトで公開中※2022年8月11日時点)の言葉を借りれば、開発の背景は以下の通りだ。

「国内外を問わずSUV市場は群雄割拠の時代。ほとんどの大手自動車メーカーがSUVを出しており、各社とも販売の主力モデルに位置付けています。欧州のスポーツカーメーカーでさえ、SUVを取り揃えているのが昨今の状況です。現在、ホンダにもCR-V、ヴェゼルの2つのSUVがあり、どちらも世界的な人気を博しています。ただCR-Vが年々大型化していったことで、ヴェゼルとのサイズ差がより広がってしまった。ホンダとしてはその間のSUVが無いことへの懸念もあり、また市場のニーズも強く感じていたので、機種開発担当としては、これはわれわれが応えないといけない……という思いを持って開発に向き合いました」

 では、どんなキャラクターのSUVなのだろうか?

「ZR-Vはゴリゴリのオフロード走行をするためだけのクルマではなく、街中で堅牢さや屈強さを誇示するためのクルマでもありません。自分自身をしっかりと表現しながら、美しく意のままに走ること。それこそが、新型SUVに求められた姿なのです。たとえば、これまでセダンに乗っていた人たちにも、違和感なく乗っていただけます。運転時の姿勢は、まさにセダンライクであり、快適な操作性を実現します。さらに車高がある分、視界はより広がり、車両感覚もつかみやすく、運転の愉しさを加速させます」