トヨタ新型「クラウン」のクロスオーバーはアウトドアでも使える? シートとラゲッジから予想してみました (1/2ページ)

トヨタ新型「クラウン」のクロスオーバーはアウトドアでも使える? シートとラゲッジから予想してみました

この記事をまとめると

  • 新型クラウンが噂通りのクロスオーバースタイルで登場
  • セダンとSUVの融合」を謳うがアウトドアには適さないのか検証
  • 室内空間は高級サルーンのようで車中泊はもはや不可能か?

先代クラウンとほぼ変わらない最低地上高が与えられた意味とは

 2022年7月15日にワールドプレミアされた16代目となる新型クラウン。予想通り、クラウン初のクロスオーバーモデルが第一弾として発売されるが、なんとスポーツ/セダン/エステートと計4種類のボディタイプが用意されたことに驚きが隠せなかった。これは先代モデルが体験した、世の中のセダン離れが大きく影響しているのだろう。何しろVIP車/公用車/社用車の主役は、トヨタの高級車としては黒塗りのアルファードが圧倒的な存在。

【関連記事】日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

新型クラウン クロスオーバーRS“Advanced”画像はこちら

 しかし、クロスオーバーというネーミングに過大な期待は禁物である。トヨタがクロスオーバーモデルを「セダンとSUVの融合」と謳っているだけに、乗り降りのしやすさも重視。なによりWEBカタログの主要諸元の最初に記されているのが最低地上高であり、その数値は一般的な乗用車と変わらない145mmだ。つまり先代クラウンの135mmに対して10mm地上高が高くなっただけで、巷でトヨタ内のライバルか!? と名前が挙がるハリアーの190mmと比べると大きな違いがある。

「セダンとSUVの融合」とはおもにスタイリングとデザインのことであり、最低地上高が示す走行性能、走破性はセダン基準と考えるのが妥当ではないだろうか。

新型クラウンに悪路走破性を求めるのは誤りでしかない

 つまり、RAV4(最低地上高最大200mm)やライズ(最低地上高185mm)、ヤリスクロス(最低地上高170mm)、カローラクロス(最低地上高160mm)のように、オフロードでもガンガン進むことができるクロスオーバーモデルとはちょっと異なるキャラクターである。

 ゆえにクロスオーバーモデルとはいえ、アウトドアに向いているかと言えば、洗練されたスタイリッシュすぎるエクステリアデザインはもちろん、クラウンそもそものイメージからすれば、アウトドアフィールドでは浮いてしまう存在になりかねない。つまりアウトドア中心に使うのであれば別の選択肢、とくにRAV4やライズ、ヤリスクロスあたりを薦めたい。

画像ギャラリー