アウトドア派に人気の軽トラ荷台カスタムが進化! システムアップ可能な最新キャリアラックとは (1/2ページ)

アウトドア派に人気の軽トラ荷台カスタムが進化! システムアップ可能な最新キャリアラックとは

アウトドア遊びの相棒として熱い人気を集める軽トラ

 2022年8月6日・7日に幕張メッセで開催された、ソト遊びとモビリティの祭典「アソモビ2022 in Makuhari」。アウトドアや多彩なアクティビティをフィーチャーしたクルマが勢ぞろいした会場で発見した、気になるクルマたちを深掘りしていく。今回は、軽トラ用キャリアラックの新たな選択肢「SPIELER(シュピーラー)」の魅力に迫ろう。

軽トラカスタムの要「カーゴラック」に新たな選択肢

 ここ数年、軽トラをアクティビティの相棒に選ぶ人が急増しているのはご存知の通り。とくにダイハツ「ハイゼット」のキャビンを拡張し、シートがリクライニング可能となった「ハイゼットジャンボ」の登場によって急加速したと言っても過言ではないだろう。軽トラ市場は今や商用利用にとどまらず、個人のセカンドカーとしての需要も無視できない数となっているのだ。この人気急上昇に合わせて各種アクセサリーがリリースされ、さまざまなアクティビティに対応するアクセサリーを選ぶことができるようになってきた。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

Spielerが発売した軽トラ用カーゴラック「RacKtra(ラクトラ)」画像はこちら

 軽トラを120%活用するために欠かせないアイテムが、カーゴスペースを立体的に活用するための必需品でもあるカーゴラックだ。これまでもパイプ形状のラックフレームはリリースされていたが、今回紹介するのはそんなラックフレームの新たな選択肢となる「SPIELER」の製品である。従来のカーゴラックはフレームがパイプ形状なのに対して、SPIELERのラックは平板を加工しているのが特徴で、既存製品とは異なる雰囲気となっている。